2007年10月4日木曜日

WindowsユーザーがMacにスイッチしない8つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加    



Apple Matters | 8 Reasons Windows Users Don’t Switchから

     *     *     *

1. 無知

 ほとんどのWindowsユーザーはMacの知識がなく、最初から学ばなければならないと思っています。そういう面も一部ありますが、Macは非常に使いやすいのです。ほとんどの初心者は、説明書を開いたり教えてもらったりしなくても、直感的に作業することができます。メールに書類を添付するといった簡単なことを教えるのに長時間かかったということは、Macではないでしょう。


2. オフィス

 多くのオフィスはWindowsを使用しています。自宅に仕事を持ち帰って、Windowsを使えないと問題でしょうか?普通のWindowsユーザーはOffice for Macの互換性を知りません。彼らはOSを変えることがどれくらい簡単か、またMacでWindowsを扱うことさえできることを知りません。もし知ってたとしても、2つのOSで作業する方が大変だと考えます。アップルは最近これらの誤解に対する素晴らしい仕事をしていますが、まだWindowsユーザーでは上記の考えが普通です。たとえMacがビジネス市場で強くないとしても、人々がMacでも使えるということを知っていることは重要です。


3. ハードウェア

 私はちょっとしたハードウェアおたくで、自作機を楽しんでました。マザーボードとCPUを換えて、ケースやハードディスクなどを再利用して、400-500ドルでアップグレードすることができました。Macではこういったことはできません。Windowsユーザーはコンピュータをアップグレードするたびに、新しいモニターを買いたくないので、iMacをバカにするかもしれません。一方、Mac miniはモニター、マウスとキーボードを使い回せるので、Windowsスイッチャに人気があります。Macの価格はかなり下落しており、急速な技術進歩で、いずれ2、3年ごとにほとんどあらゆるコンポーネントをアップグレードすることになるでしょう。元自作おたくとして、自作機に無数の時間を使って数百ドル節約するよりむしろ、箱から出してすぐに使えて十分なサポートを受けるために、いくらか別料金を払う方を選びます。


4.価格

 WindowsユーザーはMacが高価だと思ってます。現在のMacは同等スペックのPCとほぼ同じ値段です。低価格PCはMacより安いかもしれません。しかし低価格PCは品質とサポートを犠牲にしています。Windowsユーザーは追加の金額で得るものを考えなければなりません。アップルのサポート、付属のソフトウェア(例えばiLife)、品質とデザインは常に最高級です。


5. 嘘

 マイクロソフトとWindowsについて、アップルは時々誇張します。Macユーザーにとっては面白くても、Windowsユーザーにはそうではありません。アップルが真実と違うこということで、不信をつくる場合があります。


6. Windows叩き
 
 アップルとスティーブ・ジョブスがVistaとマイクロソフトを叩くのは理解できますが、Windowsユーザーをスイッチさせる方法としては効果的ではありません。競合製品の悪口ばかり伝えてもそれは役に立ちません。アップルの製品は最高ですから、そのように振る舞おう。

 
7. Vista

 Vistaは素晴らしいOSです。Microsoftが出した最高のOSで多くのユーザーに適しています。しかし、OS Xに慣れた今では戻ろうとは思いません。これまでOS Xに触れたことのない人にはVistaは最高なのです。
 
 
8. Macユーザー

 MacユーザーはAppleに対しての愛情が強すぎます。Macユーザーが熱心にMacの良さを話すほど、Windowsユーザーには伝わりません。Macをゆっくり使わせることが、より効果的です。

 
最後に

 Appleは最近とても良い仕事をしていますが、それでも試そうとしないWindowsユーザーがいます。Macを薦めるときに何が問題なのかを理解するのに役立てればと思います。

     *     *     *

 他人にMacを無理強いしないように。。。

過去の記事一覧