2008年10月19日日曜日

Apple Store心斎橋でMUGNET、そして新MacBookシリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    



本日、Apple Store心斎橋にいってきました。

MUGNET定例会

MUGNET会長はワンボタンの声でご存じのやまむらさん。PodcastのようにニュースやTopicについて語られていました。新MacBookシリーズやApple LED Displayについて、MUGNETのAppleファンならではの視点からの話もあり興味深かったです。

その後は最近おすすめの iPhone Apps、みたいな感じでいくつかのAppsが紹介されていました。iPhoneのアプリを大勢に紹介するためにMacBook Pro の iSight を経由してプロジェクターに映されていました。

またワンボタンの声でやまむらさんの相方を務められている松尾さんにご挨拶できたのがかなり収穫でした。Podcastで常に味のあるボケを聴いていたので、ある種のイメージができていたのですが予想以上に素敵な方でした。(と書いておけば次回お会いしたときに好印象かと。。。)

今回は懇親会には参加できなかったのですが、次回機会があれば懇親会にも参加してアップルなお話をいろいろ伺いたいと思います。


新MacBookシリーズ

そして定例会後は、じっくりと新型MacBook および 新MacBook Proを触ってきました。
第一印象、Unibodyデザインがやはり凄く剛性の高そうな質感を醸し出していました。実際には楔型となっているので厚みを感じません。


裏部分は、バッテリの脱着も心地よく好印象。さらに左サイドに端子類が全て集まっているのでケーブル類の取り回しも楽そうだと感じました。一方で不満な部分はグレア・ディスプレイ。やはり写り込みが気になります。

そしてLED Displayと繋がったMacBookに。確かにMacBookシリーズとの接続は便利そうです。ただしこちらもグレアなのが不満。またDisplayPort対応のノートしか接続できないのも心配な部分です。それとUSBポートも折角なら3つではなく6つくらい欲しかったかも。

個人的に iPod、iPhone、無線マウス、カードリーダー、プリンタで5つ。いずれScanSnapとかも欲しいし。そういえば、iSightなどでリッドクローズドを試していたら固まったのですがたまたま?

全体的には今回のフルモデル・チェンジは80点という感じ。もう少し実際の使い勝手を考慮したハードウェアを出して欲しかった、というのはAppleに対して期待しすぎでしょうか。

過去の記事一覧