2008年10月15日水曜日

新 MacBook がとても購入意欲をそそる

このエントリーをはてなブックマークに追加    



今回発表された MacBook はこれまで以上に購入意欲をそそる

主な新しい特徴は以下の通り
・ユニボディ
・ガラス・トラックパッド
・Mini DisplayPortの採用
・チップセット NVIDIA GeForce 9400M を採用
・厚さ24.1mm、約12.4%の薄型化
・重さ2.04kg、約10.2%の軽量化

これだけ進化して 148,800円から。凄い。

特にNVIDIAチップセット採用はIntelチップセットに比べて4-5倍の性能差とか。これはMacBook Proと比べ最も見劣りしていた部分を解消することになったのではないだろうか。個人的にゲームはやらないし、動画の編集もたいしてしない。ただ Aperture 2 で RAW を扱うことを考えると以前の MacBook では心許ない部分があったのでこのアップデートは嬉しいかぎり。

またユニボディやLEDディスプレイの採用により、10%以上の薄型化、軽量化した。これまた MacBook Pro と比べて遜色ないスペックになったように感じる。

あとはガラス・トラックパッド。コレばかりは使ってみないとなんともわかりづらい。実機で一番試したいのはこの部分。

2006年初夏に発表された 初代MacBook から2年ちょっと。ノート型Macのエントリモデルとしては十分なパフォーマンスを持ったマシンと言えそうだ。

過去の記事一覧