2010年2月25日木曜日

スティーブ・ジョブズ 55歳の誕生日に

このエントリーをはてなブックマークに追加    


スティーブ・ジョブズ(1955.2.24 -) が誕生日を迎え55歳になりました。

2005年末、スティーブ・ジョブズ-偶像復活という本を読みました。 それが切っ掛けとなりアップル製品の魔法に掛けられっぱなしです。iPodでは音楽との再会があり、 iMacでは写真との出会いがありました。iPhoneを共に楽しむ友人もでき、ほんとラピスラズリも真っ青です。


製品だけじゃありません。スティーブ・ジョブズについての書籍を読み、彼のプレゼンテーションをみる毎に益々惹かれます。ジョブズって書いてあるだけで気になってしまうこの頃です。

スティーブはまさに刺激的な存在だ。放漫で、暴虐で、激しく、無い物ねだりの完全主義者だ。彼はまた、未成熟で、かよわく、感じやすく、傷つきやすくもある。そして精力的で、構想力があり、カリスマ的で、さらにおおむねは強情で、譲らず、まったく我慢のならない男だ。
—ジョン・スカリー

民主主義に沿ってたんじゃ、素晴らしい商品なんて創れっこない。闘争本能の固まりのような独裁者が必要なんだよ。
—ジャン・ルイ・ガセー(Be社創業者、元アップル社員)

スカリーとガセーの言葉はまさにジョブズの表裏を表しているのでしょう。何故アップルが素晴らしい製品を出せるのか。ジョブズの独善的ともいえる一面があるからこそ、シンプルかつ優れたデザインの製品として市場に出すことが可能になるのだと思います。


誕生日おめでとう!
これからも元気で、素晴らしい製品を披露して下さい。
そしていつまでも Stay hungry, Stay foolish でいて下さい。




関連する記事など
アップルとジョブズの記事まとめ
スティーブ・ジョブズ - Wikipedia

 

過去の記事一覧