2011年8月23日火曜日

アップル、iTunes 10.4.1をリリース。OS X Lionのフルスクリーンアプリに対応、その他バグフィックス

このエントリーをはてなブックマークに追加    



アップルが、ソフトウェアアップデートで『iTunes 10.4.1』を公開していました。

アップデート内容は、新機能としてLionへのフルスクリーン対応、その他はバグフィックスのようですが、アップデートしておきたいものばかりのようです。

iTunes 10.4.1 の新機能
iTunes 10.4 が OS X Lion 向けに改良されました。iTunes が OS X Lion の新しいフルスクリーンアプリケーション機能に対応しました。この機能を使うと、iTunes などのアプリケーションを画面いっぱいに広げて使うことができます。ほかのフルスクリーンアプリケーションへは、ジェスチャを使って簡単に切り替えることができます。

iTunes 10.4.1 では、以下を含む様々な機能が向上しています:
• 一部の他社製キーボードで、メディアキーが iTunes で正しく動作しない問題を修正
• 曲やビデオにアートワークを追加できない問題を修正
• HD 映画購入時に iTunes が応答しなくなる問題を修正
• Mac のスリープ解除時に、iTunes が開くまでに時間がかかる問題を修正
• VoiceOver サポートに関する問題を修正

過去の記事一覧