2011年11月30日水曜日

書籍『医療現場 iPad 実践ガイド』12/1発売、電子問診票から電子カルテ、外科手術ナビゲーションなど

このエントリーをはてなブックマークに追加    


4767812097

エクスナレッジ社より、書籍『医療現場iPad実践ガイド 』が12/1発売とのこと。

以下、Amazonより一部抜粋
医療でのiPad/iPhone利用はすでに、トライアルの段階から臨床での実践段階へと確実にステップアップしています。
電子問診票から電子カルテ、在宅医療/在宅介護のスタッフ連携システム、外科手術ナビゲーションまで、さまざまな医療シーンで活用され、実績を上げています。
本書は座談会、事例紹介、医療現場でのiPad設定、注目の医療系アプリなど、医療現場でのiPad/iPhone実践例を多面的に紹介。
iPad/iPhone利用のノウハウ、アイデア、レポートがぎっしり詰まった医療現場必携のガイドブックです。
著者・監修は、OsiriXなどでも有名な神戸大学の医師、杉本真樹氏。
» 神戸大医学部付属病院医師 杉本真樹(すぎもと・まき)さん IT駆使して医療を可視化(1/3)
» Apple - Science - Profiles - Dr. Maki Sugimoto, pg. 1

アップルのUSサイトで紹介される杉本医師

今年1月に書籍・iPadで発売されている『医療現場iPad活用ガイド 』の続編的位置付けのようですね。

活用から実践へ。医療現場で実際にiPadがどのように役立っているのか非常に興味が湧きます。

医療現場iPad活用ガイド
カテゴリ: ブック, メディカル
現在の価格: ¥2,100

4767810760

過去の記事一覧