2012年3月19日月曜日

Apple、配当金と自社株買いを行うことを発表(三年間で450億ドルを予定)

このエントリーをはてなブックマークに追加    



Appleが現地時間3/19のカンファレンス・コールで、配当金と自社株買いを行うことを発表したようです。
» Apple - Press Info - Apple Announces Plans to Initiate Dividend and Share Repurchase Program

3年間で450億ドル(約3兆7000億円)を使う予定とか。
主に行われることは、次の2つのようです。

・2012年7月1日、Q4から1株あたり$2.65の配当を開始する。
・2012年9月30日から、100億ドルを使って自社株買いを行う。


以下、個人的な感想など。

自社株買いと配当金。ともにアップルに使い切れない額のキャッシュが積み上がってきたときに、現金の使い途としていわれてきたこと。実にノーマルな方法だと思います。アップルらしくないとさえ思えるくらい。

iPhone、iPadの成功で世界で最もイノベーティブな企業と呼ばれ、時価総額で名実共に世界一の企業になったアップル。ジョブズがいなくなった後にこの決断を行ったCEOティム・クックの堅実性をみた気もしますし、キャッシュの使い途をあれこれ云われるという、アップルにとって最も好ましくない状態を脱するためにとった最善のシンプルな方法であるようにも思えます。

過去の記事一覧