2012年6月14日木曜日

新しいMacBook Pro RetinaディスプレイのSSDは換装可能、しかし

このエントリーをはてなブックマークに追加    



新しいMacBook Pro Retinaディスプレイ(以下、新MacBook Pro)の分解はとても難しいという記事を書きました。

早くも分解記事!MacBook Pro Retinaディスプレイモデルは最も修理しづらいノートパソコンか | トブ iPhone





しかしながら、勇気があればという注釈付きで、MacBook Air同様にSSDの換装自体は可能であると Cult of Mac が記事にしていました。


新MacBook ProのSSDはロジックボードに直付けされている訳ではなく、写真のようにMini PCI-eというコネクタで接続されているようです。

ただ現時点では、新MacBook Pro用のApple特製SSDは入手できず、OWCのようなサイトで販売されるのを待つしかないようです。

ちなみにOWCでは、 MacBook Air 2010 & 2011対応のSSDを180GB($249.99)から480GB($794.99)といった価格で販売しています。

Performance Upgrades; FireWire USB SATA Storage; Memory, more at OWC





恐らくSSD換装には、それなりの技術と経験が必要だと思います。それでも換装可能というのは少し期待が持てます。国内のMac修理業者でも対応するところが出て来るといいのですが。


追記 6/14

「警告: アップル認定業者のみが作業を行うこと。間違うと火災の危険があります。取り外し、分解、穿孔、落下、粉砕、100度以上の温度に曝さないこと。」といった注意書きがあります。
念のために書いておくと、今回の記事はアップルが推奨するものではありません。
アップルの保証外となり、火災の原因になることも考えられます。また現状、単にSSD容量を考えるのであればカスタマイズ購入するほうが安くなります。
追記終わり 6/14


via.
New MacBook Pro’s SSD Storage Can Be Upgraded At Home | Cult of Mac


関連記事
最新iMac、ユーザー自身によるHDD換装は不可能 - OWCが白旗 | パソコン | マイナビニュース

過去の記事一覧