2012年7月14日土曜日

アップル、「ボブ・マンスフィールドからの手紙」でEPEAT復帰を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加    



アップルが「ボブ・マンスフィールドからの手紙」というタイトルでEPEAT(米国の環境基準認定)への復帰を発表しています。
» Apple - Environment - A letter from Bob Mansfield

発表の冒頭で次のように書かれています。
「我々は、沢山の熱心な顧客がEPEATからの離脱に落胆していると聞いた。今回の件は私達の過ちだった。今日からアップルはEPEATに戻る」
We’ve recently heard from many loyal Apple customers who were disappointed to learn that we had removed our products from the EPEAT rating system. I recognize that this was a mistake. Starting today, all eligible Apple products are back on EPEAT.

EPEATからアップル脱退の理由として、新しいMacBook Proボディに対する意見の相違とされる推測がありました。サンフランシスコ市は、EPEAT脱退によりアップル製品を調達出来なくなることから、アップルにEPEAT認定リストに戻ることを希望するという発表をしていました。

いろいろ水面下で交渉があったと推測されますが、珍しくアップルが非を認める形で落ち着いたようです。


ちなみにボブ・マンスフィールド氏はハードウェア・エンジニアリング担当上級副社長で、近々引退することが発表されていました。

EPEAT関連記事
» 環境基準よりデザインを優先:アップル、EPEAT返上 « WIRED.jp 
» CNN.co.jp:アップルが環境認定を返上 設計の方向性の違いが問題か  

過去の記事一覧