2012年12月5日水曜日

Googleが発表した、検索ワードからサマリ表示する新機能「ナレッジグラフ」が興味深い

このエントリーをはてなブックマークに追加    


Googleが、検索ワードからサマリーを表示する新機能「ナレッジグラフ」の開発を発表していました。

検索結果の右横に新しいパネルが追加されています。一例として「ルーブル美術館」では概略と営業時間、所在地、電話などの情報、さらには所蔵品、他の人が検索しているものなどを表示しています。

画面は拡大できます

この「ナレッジグラフ」は数日中に全ユーザーが利用可能になるとのこと。

以下、公式動画(2分45秒、字幕あり)です。



これは久々に検索に大きな変化を与えそうな気がします。概略や開店時間があればWikipediaやお店のサイトに行く手間が減りそうですし、最終的にこちらに広告がうまく配置されそうな気もします。

まだ私の環境では「ナレッジグラフ」が使えません。使えるようになれば、とりあえず場所、人、物など、いろんなもので試してみたいと思います。

参考記事

過去の記事一覧