2013年7月27日土曜日

書籍『ヒットする iPhone アプリの作り方・売り方・育て方』7月27日発売(マイナビ)

このエントリーをはてなブックマークに追加    



7月27日、本日発売の書籍『ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方 』(マイナビ)を献本戴きました。

サブタイトルは『マーケティングから企画、マネタイズ、開発、プロモーションまで、「売れる」アプリ制作のコツとノウハウ』となっています。


ざっくりと目を通してみました。アプリの設計・デザインから、そのアプリにとって有料・広告・課金のどれが適切か、受注開発のコツ、Apple審査の対応方法などなど、アプリ開発者が知っておきたいノウハウや経験が書かれていました。

アプリ開発をしている人はもちろん、これからアプリ開発を考えている人、自社アプリを発注しようと考えている人にも一読の価値がある本だと思います。



 以下、amazonの目次より。
目次
CHAPTER 1 イントロダクション
ヒットするiPhone アプリの作り方・売り方・育て方
どんなプレーヤーが市場にいるの?
iTunes BEST OF 2012を検証

CHAPTER 2 情報収集・準備
iOSアプリを販売するための事前準備
アカウント管理の徹底解説
Appleとビジネスする時の心構え
アプリのライフサイクルを計画しよう
こんなにたくさんある! 日本語情報ソース

CHAPTER 3 企画・マネタイズ
代表的なマネタイズモデル
こんなアプリならどのモデルを狙う?
売れるiPhone アプリの企画を考え出そう
企画書を書いてみよう

CHAPTER 4 広告収益
アプリ内の広告で収益を得よう
広告にはどのような種類があるの?
バナー広告を貼ってみよう
リッチアドやリワード広告の魅力
複数の広告を組み合わせよう
個人におすすめの相互広告や付加サービス

CHAPTER 5 課金システム
有料アプリより売上の高いアプリ内課金
App Store における課金の種類について
課金の売上を上げるコツ

CHAPTER 6 設計・デザイン
アプリならではの作業工程を組み立てよう!
プロトタイピングでコスト・手戻り削減
ユーザーエクスペリエンス ─iOSの流儀に合わせる
デザインができない人のコラボレーション
アプリを世界中でリリースしよう!
iOS 7が登場、どのように互換性を保つ?

CHAPTER 7 開発・受発注
自分で開発する? 誰かに依頼する?
外部環境や感性で決まる部分を明確にしよう
見積書をマスターして受発注を円滑に進めよう!
クロスプラットフォームなど様々な目的の開発環境
Appleの審査リジェクトにも交渉の余地がある!
Ad HocテストとTestFlightを活用しよう

CHAPTER 8 リリース・プロモーション
新規リリースのプロモーション計画
メディア向けプレスキットの作成!
App Storeでの掲載やレビューを上手に活用しよう
ランキングと導線を意識した戦略を立てる
サポートサイト、ソーシャルで育てよう
プロモコード・ギフトコードってなんだ?
紹介記事を書いてもらうには?

CHAPTER 9 運用・サポート
KGI / KPIの管理はできていますか?
口コミのループをつくりだそう
プッシュ通知でユーザーを呼び戻そう
レポーティングツールを活用しよう
アクセス解析ツールを使った利用者数のチェック
まずは現状を分析してみよう
おわりに ─「真にヒットするアプリ」とは

APPENDIX
iTunes Connectステータス用語
iPod touchデバイス互換性リスト
iPhoneデバイス互換性リスト
iPadデバイス互換性リスト
iTunes BEST OF 2012無料アプリ総合ランキング
iTunes BEST OF 2012有料アプリ総合ランキング
iTunes BEST OF 2012トップセールス総合ランキング
iPhoneアプリ紹介サイト一覧



過去の記事一覧