2015年6月21日日曜日

ホテルオークラ東京の「寿司 久兵衛」でジョブズも食べた穴子を食べてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加    



先日、ジョブズが愛したホテルオークラ東京の久兵衛に行ってきました。
ジョブズはリサを連れて東京へ行き、機能美にあふれたホテルオークラに泊まったことがある。エレガントな寿司店で、ジョブズは穴子を頼んだ。(「スティーブ・ジョブズ I」第20章 レギュラー・ガイ 凡夫を取り巻く人間模様 P401より)

前回のフレンチトーストの記事でも書きましたが、今年8月までに必ず訪れたいと思っていたお店でした。
French Toast best in the world at Hotel Okura Tokyo 世界一と絶賛されたホテルオークラのフレンチトーストを食べてきた(予約、レシピ、テイクアウト)


8月までの理由、それはホテルオークラ東京が9月より建て替えられること。ホテルオークラ東京の寿司 久兵衛も9月以降は別館2階での営業になるとか。


スティーブ・ジョブズ研究家としては、建て替え前に行っておくしかありません。当日は、ジョブズ本翻訳の第一人者井口耕二さんと。

すし岩 井口さんとの寿司といえばここも。
ジョブズが人生で最も美味しかったと絶賛した寿司『すし岩』のトロ(京都市下京区)






久兵衛でもジョブズ席で
席は、カウンター席の一番奥へ。京都「すし岩」、カリフォルニア「陣匠」でもカウンターの一番奥というのがジョブズの定番席です。

ちなみに何年にジョブズがリサと訪れたのかは不明。公式伝記(第40章 P389)を参考にすると1991年あたりでしょうか。

Apple Lisa
さらにちなみに。ここでいう娘リサから、Macintosh発売前年に発売されたLisaの名前が付けられています。

ランチは、おまかせ(¥10,800)を選択。12貫と巻物、椀、玉子。

新しいレンズでよく確かめずに1枚ずつ撮ってたらピントが合ってないものも。。。

左下:穴子は塩とたれ。ピンぼけです(汗

巻物のあとの締めが玉子。甘めの味付けでデザート代わりに。


そして順番は戻って、にぎりの最後、穴子。以下、冒頭の引用の続き。
大の好物で、これだけはベジタリアン側に入れている一品だ。穴子は塩とたれ、2種類が出てきた。温かい穴子が口のなかで崩れるほろりとした感覚をいまもよく覚えているとリサは言う。穴子といっしょにふたりの距離も崩れていった。

食事をしながら、ホテルオークラ東京 本館が建て替えになるのは残念だなと改めて想うのでした。

以下は Bottega Veneta が公開した、オークラ保存を訴えるビデオ。Apple Watchで貢献したマーク・ニューソンも登場します。




関連する記事

ホテルオークラ東京の設計。

[谷口吉郎・谷口吉生]展で谷口吉生氏本人による展示解説を聴いてきた(金沢市民芸術村)




小松弥助の鮨
寿司といえば。

小松弥助:銀座久兵衛の先代が「日本一の鮨を握る職人」といった店で食べてきた(金沢市)



French Toast best in the world at Hotel Okura Tokyo ホテルオークラ東京のフレンチトースト

世界一と絶賛されたホテルオークラのフレンチトーストを食べてきた(予約、レシピ、テイクアウト)



すし岩 ジョブズと寿司。

ジョブズが人生で最も美味しかったと絶賛した寿司『すし岩』のトロ(京都市下京区)





2015年6月12日金曜日

あのスピーチから10年。書籍「英文徹底解読 スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式講演: ジョブズが本当に伝えたかったこと」がベレ出版より

このエントリーをはてなブックマークに追加    


ジョブズのメッセージをちゃんと受け取れていますか?

プレゼンのとき以上にことばを選び、ことばの力だけで自分自身を全力でプレゼンしたことが一度だけあります。それが、伝説とまでいわれるスタンフォード大学の卒業式でのスピーチです。

2005年に故スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行ったスピーチ。ちょうどあれから10年が経ちました。

ベレ出版より、書籍「英文徹底解読 スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式講演: ジョブズが本当に伝えたかったこと」が7月16日に発売されるようです。冒頭のことばは、その帯に描かれていたことばです。

*追記* のちほど7月23日(木)発売に延期されています。

理論言語学の専門家で、ジョブズ信者である著者 畠山雄二氏による完全解釈・徹底解剖とか。どんな内容か気になります。


久しぶりに動画をあのスピーチを見返してみたいと思います。
スタンフォード大学 卒業式スピーチ「Stay hungry. Stay foolish.」 | Steve Jobs museum





2015年6月2日火曜日

スティーブ・ジョブズの素顔: 生前のジョブズを知る人たちによる7つの話

このエントリーをはてなブックマークに追加    



スティーブ・ジョブズの素顔とはどんなものだったのか。

Forbesサイトで、「スティーブ・ジョブズの素顔」という7つの記事が公開されていました。


初代Macintosh時代のエバンジェリストに、初期アップルでジョブズが口説き落とした広告代理店社長、ジョブズが唯一雇われたATARI創業者など、スティーブ・ジョブズを知る7人による逸話です。


一つ一つは断片的な話ですが、一般的に語られるジョブズ像とは違った一面を伺い知れる話です。

STORY01 ガイ・カワサキ
初代マッキントッシュのエバンジェリスト。

”彼は「すごい仕事」をきちんと評価した”


STORY02 レジス・マッケンナ
初期アップルの広告代理店。

”「サンタにお任せあれ」”


STORY03 マーク・アンドリーセン
ベンチャー・キャピタリスト。ネットスケープ。

”「みんな慣れるさ」”


STORY04 ランディー・アダムス
NeXT創業期のひとり。

”「PCを売るくらいなら、犬でも売るよ」”


STORY05 ノーラン・ブッシュネル
ATARI社創業者。ジョブズを雇う。

”「こいつ(病気)に勝てる気がしているんだ」”


STORY06 ハイジ・ロイゼン
ベンチャー・キャピタリスト。

”「なんで仕事なんかしているんだ」”


STORY07 コニー・ググリエルモ
この記事の筆者。

”新たにオープンするミニストアのお披露目”


あなたが気に入ったのはどの話でしたか。

近くジョブズを扱ったTV番組も。予約必須です。

テレビ番組「スティーブ・ジョブズ vs. ビル・ゲイツ」が6月8日深夜放送、貴重な映像とインタビューが満載(BS世界のドキュメンタリー) | トブ iPhone


こちらの記事もどうぞ。
ジョブズが嫌った2つの言葉「ブランド」そして「マーケティング」 | トブ iPhone



2015年6月1日月曜日

アップルが 1980年代に Macintosh Phone を発表していたら?というコンセプト画像

このエントリーをはてなブックマークに追加    



もしアップルが1980年代に携帯電話を発表していたら?

Apple Macintosh Phone」というコンセプト画像が TNW で紹介されていました。

初代Macintosh(1984)のデザインを上手く取り入れていて、思わずニヤリです。


このデザインのオリジナルはこちら。
» Macintosh Phone - pierre cerveau


こちらの記事もどうぞ。

アップルの紙面広告をみる Vol.2 (1984)


今見ても画期的なアップルのコンセプトモデル!な絶版本『アップルデザイン』を写真でみる 





過去の記事一覧