2019年6月3日月曜日

話題の本『ティム・クック ーアップルをさらなる高みへと押し上げた天才』が出版(SBクリエイティブ)

このエントリーをはてなブックマークに追加    



アップルを史上初の1兆ドル企業に導いたティム・クック。

そのティム・クックを描いた書籍『ティム・クック―アップルをさらなる高みへと押し上げた天才』が8月22日(16日より変更)にSBクリエイティブより出版されるようです。

著者は、書籍『スティーブ・ジョブズの流儀』『ジョナサン・アイブ』を書いたリーアンダー・ケイニー。アップル情報サイト『Cult of Mac』の中の人としても知られる人物です。


スティーブ・ジョブズが自分のあとのアップルを任した人物、自らゲイであることを告白しマイノリティーに対する活動を惜しまない人物、朝4時に起きてメールチェックと運動を欠かさないストイックな人物。いろいろな切り口で語られるティム・クックですが、どのようなことが明らかにされるのか、非常に楽しみな本です。

     

イントロダクション
第1章 スティーブ・ジョブズの死
第2章 深南部で形作られた世界観
第3章 ビッグブルーで業界を学ぶ
第4章 倒産寸前の企業に加わる一生に一度の機会
第5章 アウトソーシングでアップルを救う
第6章 スティーブ・ジョブズの後を引き継ぐ
第7章 魅力的な新製品に自信を持つ
第8章 より環境に優しいアップル
第9章 クックは法と闘い、勝利する
第10章 多様性に賭ける
第11章 ロボットカーとアップルの未来
第12章 アップル史上最高のCEO! 


過去の記事一覧