2020年6月28日日曜日

電気ケトルを温度調節付きに買い替えたら最高に便利だった(機種選択の理由と感想)

このエントリーをはてなブックマークに追加  



先日、温度調整付ケトルを購入しました。


それまではラッセルホブスの電気ケトルを使っていました。
6年前に購入した電気ケトルでとても便利でしたが、温度調節機能付きが出始め気になっていました。



温度調節機能付きドリップケトルから絞り込み理由

情報収集して購入候補になったものに 山善の電気ケトル がありました。

で、最終的にアイリスオーヤマを選択したのは操作面でした。
プリセット温度が3つ(70℃, 90℃, 100℃)がシンプルで便利そうだったから。

アイリスオーヤマ。3種のプリセットに5度ごとの調節。


一方、山善のはプリセットが6種類と多く、さらにアイリスオーヤマが70℃、75℃、80℃などと5度ずつの温度調節に対し、山善は1度ずつの調節。

山善の温度調節。1度ずつ。プリセット6種。


できることが多いのは山善ですが、個人的には1度単位での温度設定をするメリットより操作回数が少なくて済むメリットを選択しました。


温調付電気ケトルを実際に使ってみた感想

やはり便利です。これまで飲み頃の温度にするために、少し早めに止めたり、沸騰したお湯にお水を入れて冷ましたりしていましたが、その必要がなくなりました。

さらに上記を行ったところで温度は一定ではなかったので、常に同じ温度のお湯が用意されるのは想像していた以上にストレスフリーでした。


さらに飲み物と、その状況ごとに個人的に最適な温度設定が分かるのも気に入ってます。
毎朝飲むコーヒーでは、コーヒーお勧めの90℃ではなく、この時期は70℃くらいのほうが目覚ましに丁度よかったり。


これから電気ケトルの購入を考えている人には、是非とも温度調節機能付きを検討してみてほしいと思いました。




2020年6月25日木曜日

本『なぜジョブズはすしとそばが好きか』発売、日経xTECHの連載記事が書籍化





書籍「なぜジョブズはすしとそばが好きか」が6月15日に出版されています。

この本は、日経xTECHで連載されていた『技術者のカフェタイム:食文化とハイテク』をベースに再構成された書籍です。


スティーブ・ジョブズがすしとそばが好きだったのは有名です。

当ブログでもジョブズと日本の食についてはいくつか記事を書いてきました。Evernoteと伊藤園の「お〜いお茶」などの関係も非常に興味深いものがあったのですが、この本では書籍タイトルを含め、日本の食文化とテクノロジーをどのように描いてるのか非常に興味深いところです。

早速注文したので、週末に読んでみたいと思います。





ジョブズが10貫も食べたらしいトロ

刺身そば(Café Macs)



2020年6月20日土曜日

Macのスピーカーにサブウーファーを追加してみた #Genelec




Mac用にサブウーファーを追加してみました。

購入したのはスピーカーと同システムで「Genelec F One」。
2月末から4ヵ月ほど使ってみました。



スピーカー「Genelec G Two」購入までの話はこちらに。
👉 Macに最適なデスクライト、スピーカーを購入した #Artemide #Genelec


サブウーファーと再生周波数音域
Genelec「モニター・セットアップ・ガイド」では、Genelecでは85Hzより上をモニタースピーカーが、85Hzより下をサブウーファーが担当すると書かれています。


ちなみに音の高さと目安も同資料から。
40~160Hzが低域。代表的な楽器の最低音の目安として、ギターが80Hzで、バスチューバが45Hz、コントラバス40Hz、コンサート・グランドピアノ29Hz、大型パイプオルガン16Hzと書かれています。



iMacとの再生周波数音域の比較
ちなみに使っている 2017年の iMac 5K 本体のスピーカーの音を確認してみました。
再生に使ってみたのは次のサイトです。

👉 The Ultimate Bass Test | Ultra Low Frequency Range Test
[使い方] リンク先の「The Test File」を押すと、音声ファイルをダウンロードしたあと、10Hz〜200Hzまでの音を再生します。低音から高音になるので、低音からやり直したい場合は「Cmd-R」で再スタートできます。

iMac本体スピーカーでは、50Hz前あたりから再生され、60Hz過ぎあたりでしっかり聞こえる感じです。一方「Genelec F One」では25Hzあたりで再生され、30Hz過ぎあたりでしっかり聞こえる感じです。Genelecのサイトでは「35-85Hz」と記載されています。


サブウーファーは実用的か
圧倒的に映画向きだけど、音楽でも一部効果的。

まず映画やドラマ。
アクション映画の大音量とかはもちろん、奮えるような低音で雰囲気を表す表現時に効果的。小さな音でしっかりと低音を出したい場合にも。

一例だと「tv+」のオープニングロゴでのサウンド。スピーカー「Genelec G Two」単体と聴き比べても、奮えるような低音の表現はサブウーファーでないと難しいようです。

tv+のドラマは画質も音質もよいので、iMac 5Kとよいスピーカーで観るのにオススメ。


続いて音楽。
映画館の充実したシステムで聴ける映画と違って、一般的な音楽では重低音のある音響システムを意識することは少ないためか、サブウーファーを加えると違った体感になる音楽というのは限られると思います。

最近話題の音楽では、先日のグラミー賞で主要部門を独占したビリー・アイリッシュの低音が特徴的。



「bury a friend」公式PVの1:18過ぎからの低音はかなり強烈。他の曲でもかなり重低音が効いています。

以上の経験から、PC/Macで映画やドラマをよい音で楽しみたい人にオススメです。
音楽でも重低音が効いた楽曲を好む場合、もしくは好みのアーティストが意図的に低音を使っている場合にはオススメだと思いました。


Mac接続と使用機器の略図

最後に現在の使用状況は上のとおりです。
次はUSB DACの更新かな。当面はそのままの予定ですけど。


Amazonリンク。注)品切れで凄いプレミア価格だったりします。
   


関連URL
ラブリーサマーちゃん × GENELEC 「自宅に最適なモニター&スピーカーの設置方法」とは?(後編) - YouTube
Macに最適なデスクライト、スピーカーを購入した #Artemide #Genelec | トブ iPhone
Mac 用 USB-DAC、ヘッドホン、ヘッドホンスタンドを購入してみた(予算10万円) | トブ iPhone


過去の記事一覧