2019年9月24日火曜日

デジタル革命史を描く本『イノベーターズ』が出版(講談社 10月10日)

このエントリーをはてなブックマークに追加  



チューリング、ノイマン、エンゲルバート、ゲイツ、ジョブズ、バーナーズ=リー、ラリー・ペイジ。

ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』でも知られる伝記の第一人者がデジタル革命史を描いた本『イノベーターズ』が、10月10日に講談社より出版。


以下、Amazonの「商品の説明」より。
*コンピュータ概念をつくった孤独な数学者、アラン・チューリング 
*世界初の電子式コンピュータ「ENIAC」をプログラミングした6人の理系女子
*トランジスタ発明の背景にあった「名を残したいという欲望」
*外向きの人・内向きの人・実行する人のトリオで生まれたインテルの成功 
*創造性をみつける達人J.C.R.リックライダーがまとめたチームのイノベーション 
*「ゼロックスというお金持ち」を狙うジョブズとゲイツ 
*経営が苦手な天才起業家、ウィリアム・フォン・マイスター
*起業を支援する大学、スタンフォード
*「ウィキ」と「ヌーペディア」の目指したもの
*スペルミスが名付け親のGoogle


原著は2014年に出版されたウォルター・アイザックソン著『The Innovators』。翻訳は「スティーブ・ジョブズ」翻訳の井口耕二氏。

IT群雄伝が好きな人には楽しみな本です。

    

2019年7月27日土曜日

初代 iPhone 開発を詳細に描いた本『ザ・ワン・デバイス』を読んだ




現状、初代 iPhone開発について、一番詳しく知れる本だと思います。

書籍『ザ・ワン・デバイス  iPhoneという軌跡の”生態系”はいかに誕生したか』がダイヤモンド社から出版されています。

この本は、初代 iPhone 開発の裏側を膨大なインタビューで描き話題になった『The One Device: The Secret History of the iPhone』(2017年出版)の翻訳本。


先ほど読みおえたところですが、これまで語られなかった iPhone誕生の裏側が詳細に書かれた一冊です。

既に公式伝記などでも知られているように、iPhone誕生の裏には、当時アップル復活の切っ掛けとなった iPod がいずれ携帯電話に取って代わられるという危機感、新しい入力インターフェイスの開発、ジョブズによる極端な秘密主義と現実歪曲フィールドなどが複雑に絡みあって開発されています。


今年はアップル関連本の当たり年!

アマゾンで詳細をみる 👉『ザ・ワン・デバイス

    


目次
序章 解体
セクション1 天才たちの秘密プロジェクト
    他社技術のマルチタッチがiPhoneの原型を生むまで
第1章 電話とコンピュータの合体
第2章 マインフォン~鉱山電話
第3章 iPhoneはキズつかない
第4章 マルチタッチの発明者は誰か?

セクション2 極秘プロジェクト“Q79”の始動
    「唯一無二のデバイス」の最初の姿
第5章 薄くて長持ちのバッテリーを求めて
第6章 世界で最も使われているカメラ
第7章 動きを読み取るセンサー
第8章 世界を変えた“豪腕”ARMチップ
第9章 ワイヤレス接続

セクション3 iPhoneの内部へ
    スライドしてロック解除
10章 「ヘイ、シリ」
11章 セキュアエンクレーブ
12章 メイド・イン・チャイナ
13章 「セル」フォン
14章 ブラックマーケット

セクション4 ザ・ワン・デバイス
    秘密主義と社内政治でめちゃくちゃになったアップルの内情

2019年6月3日月曜日

話題の本『ティム・クック ーアップルをさらなる高みへと押し上げた天才』が出版(SBクリエイティブ)




アップルを史上初の1兆ドル企業に導いたティム・クック。

そのティム・クックを描いた書籍『ティム・クック―アップルをさらなる高みへと押し上げた天才』が8月22日(16日より変更)にSBクリエイティブより出版されるようです。

著者は、書籍『スティーブ・ジョブズの流儀』『ジョナサン・アイブ』を書いたリーアンダー・ケイニー。アップル情報サイト『Cult of Mac』の中の人としても知られる人物です。


スティーブ・ジョブズが自分のあとのアップルを任した人物、自らゲイであることを告白しマイノリティーに対する活動を惜しまない人物、朝4時に起きてメールチェックと運動を欠かさないストイックな人物。いろいろな切り口で語られるティム・クックですが、どのようなことが明らかにされるのか、非常に楽しみな本です。

     

イントロダクション
第1章 スティーブ・ジョブズの死
第2章 深南部で形作られた世界観
第3章 ビッグブルーで業界を学ぶ
第4章 倒産寸前の企業に加わる一生に一度の機会
第5章 アウトソーシングでアップルを救う
第6章 スティーブ・ジョブズの後を引き継ぐ
第7章 魅力的な新製品に自信を持つ
第8章 より環境に優しいアップル
第9章 クックは法と闘い、勝利する
第10章 多様性に賭ける
第11章 ロボットカーとアップルの未来
第12章 アップル史上最高のCEO! 


過去の記事一覧