2019年2月16日土曜日

アマゾンベストブック選出のピクサー本が翻訳化、元CFOが語るディズニー買収の裏側とは『PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』

このエントリーをはてなブックマークに追加    



アップルを追放されたスティーブ・ジョブズとともに、スタートアップを大きく育てた真実の物語! 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アマゾンベストブック of 2016 (ビジネス&リーダーシップ部門)
フォーチュンが選ぶフェイブリットブックof 2016
世界12か国以上で話題沸騰!
(以上、amazonの内容紹介より抜粋)

ピクサー社の内情を、元CFO兼社長室メンバーが描いた書籍『PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』が3月15日に文響社より出版されるようです。

帯にもあるように、Pixarの躍進そしてディズニーへの売却、そこに大きく関与するスティーブ・ジョブズの言動などが非常に興味深い一冊です。

著者は、元CFOという売却劇の内情を語るのに最適なひとり。原著は「アマゾンベストブック of 2016 (ビジネス &リーダーシップ部門)」「フォーチュンが選ぶフェイブリットブックof 2016」にも選ばれています。

Amazonのサイトにはプロローグが紹介されています。(以下、一部抜粋)
プロローグ「スティーブ、散歩に行きませんか?」電話でこう尋ねた。2005年秋のことだ。過去10年間、数えきれないほどの回数尋ねたし、尋ねられた問いだ。だが、今回は状況が違う。つい先日50歳になったスティーブ・ジョブズは、がんとその手術で大変な時期にある。だからしばらく、話も散歩もなるべく遠慮していた。スティーブは、アップルで手一杯になっていた。1年間で新製品のiPodシャッフルとiPodナノを発売するなどiPodを全面的に刷新し、音楽の新しい聞き方を世の中に広めていたのだ。だが今日だけは別だ。しなければならない話があるからだ。私は、ピクサーで最高財務責任者および社長室メンバーとして仕事をしたあと、取締役となっていた。この件はしばらく前から温めていたもので、そろそろ潮時だと考えたのだ。スティーブも最近は少し調子がいいようだし、これ以上のタイミングはなさそうだ。「もちろん」︱即答だ。「来てくれ。待ってるよ」

プロローグの続きは Amazon のサイトへ。
非常に楽しみな一冊です。

    


ピクサー本の記事
Pixar の本「メイキング・オブ・ピクサー 想像力をつくった人々」 | トブ iPhone
あとがき「私の知っているスティーブ」が気になるピクサー創業社長による本『ピクサー流 創造する力』(ダイヤモンド社、10/3) | トブ iPhone


2018年12月19日水曜日

『Rams』ディーター・ラムスのドキュメンタリー映画が公開、視聴方法やデラックス版など

このエントリーをはてなブックマークに追加    



ディーター・ラムスの映画「Rams」が公開されました。

デザイン界の巨匠ディーター・ラムスは、ブラウン社やヴィツゥ社の製品デザインで活躍、「Less, but better」や「グッド・デザインの10原則」などデザイナーに多大な影響を与えた人物で、アップルの製品デザインにも特に影響を与えています。


「Rams」のゲイリー・ハストウィット監督は、世界で最も愛される書体を題材にした『ヘルベチカ 〜世界を魅了する書』(Amazon)や、製品デザイナーを題材にした(ジョナサン・アイブも!)『Objectified』(Amazon)などでも知られる非常に評価の高いドキュメンタリー監督です。

  

下は、1分30秒の「Rams」トレーラー動画です。Rams from Film First on Vimeo.


映画を視聴・購入するには
映画はすでに上記 Vimeo でも購入できるようになっています。
日本語字幕も追加されました(追記:1月3日)

また下記サイトでは1月25日発売予定のブックレット同封のDVD/ブルーレイや、150部限定エディションの予約、その他グッズの購入ができます。ちなみに Book+Digital で注文しました。
👉Shop — OH YOU PRETTY THINGS

「Helvetica」などのグッズも

さらにラムスについて知る
次の記事は、2016年にラムスが京都で講演を行ったときの記事です。
👉 ディーター・ラムス氏の京都講演メモ「デザインには世界観が反映される。逆にいえば、その人が使うもので生活環境の捉え方が理解できる」 | トブ iPhone


映画「Rams」関連のリンク
ディーター・ラムス - Wikipedia
ディーター・ラムス | ヴィツゥについて | Vitsœ
グッド・デザイン | ヴィツゥについて | Vitsœ
Gary Hustwit - Wikipedia

2018年11月3日土曜日

功績や軌跡をグラフィックで紹介する本『スティーブ・ジョブズ グラフィック伝記』発売

このエントリーをはてなブックマークに追加    


彼の伝記は多数出版されているが、写真やグラフィックを多用して、
視覚的に彼の功績やビジネスの軌跡を理解できるものは本書が初めてである。
ジョブズについて視覚的に紹介する書籍『スティーブ・ジョブズ グラフィック伝記』が、11月16日に発売されます。著者はケヴィン・リンチ氏、監修は林信行氏。実業之日本社より。

トップ画像は、原著『Steve Jobs: A Biographic Portrait (Graphic Biography)』からで、こちらは11月8日発売です。



過去の記事一覧