2009年12月24日木曜日

HDRCam :必携! 写真をHDR補正、暗い部分を明るくするカメラアプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加    



明るい部分と暗い部分の両方をしっかりと写真に残したい!
でもフォーカスを合わせる位置が明るいと暗い部分が真っ暗になったりして、期待した雰囲気の写真にならないことがあります。

HDRCamicon」は明るい部分を保ったまま、暗い部分を補正して表示することができます。実際の例として公式サンプルからの一枚。上の画像がオリジナル、下の画像がHDRCam補正後


空の雰囲気を残したままで 緑が分かる写真に補正されています。iPhoneカメラで活用して欲しいアプリです。


使い方もアルバムから画像を読み込むだけと簡単明快!!

5段階ありますが、基本は3でokだと思います。
また雰囲気を出すなら彩度調整スライダーで少し味付けて。。。



保存設定として次の三つ
・画像サイズ / 彩度補正 / 暗部偽色軽減

*彩度補正は手動をオススメします!!

カメラ設定は、
・画像保存のタイミング / 撮影時の格子表示 /アプリ起動時のカメラ起動


HDRCamiconで明暗のディテールを引き出しておいて、他の画像編集アプリで更に味付けるのも面白そうです。是非、お試し下さい。


おまけ:HDRCam の凄さ

本来、HDR(High Dynamic Range)と呼ばれる露出をかえた数枚の写真を合成する方法を、1枚の写真からHDR処理を行ったように画像を補正するiPhoneアプリです。
HDR(ハイダイナミックレンジ合成) - Wikipedia

iPhoneだと三脚を使って露出をかえた写真を数枚撮るなんてことは現実的ではありません。

一枚の写真からHDR風に補正することで、iPhoneで気軽に明暗をはっきり表示できる「 HDRCamicon 」は全ての iPhone ユーザーにオススメできるアプリです。

iTunes Storeで詳細をみる > HDRCamicon

過去の記事一覧