2011年6月6日月曜日

WWDC 2011日記 Day -2:サンフランシスコ到着、そして初日観光

このエントリーをはてなブックマークに追加    


WWDC 2011日記 Day -2 です。

6/4日、日本から米国サンフランシスコへ到着、WWDC会場などを観光してきました。

それでは話を関西空港に戻します。


予め予約しておいた Grobal Data の『Mifi』、海外仕様ポータブルWiFi を関西空港で受け取り。iPhoneの海外定額もありますが、iPhone/iPad/Macで使えるので節約のためにこちらを選択しました。


そらの旅。KIX > SFO は9時間ほど。昔と比べたら、前座席にモニタで映画を選んで見られるし、いざとなればiPadに用意しておいた映画も見られる。iPhoneとiPadは何かを待っている時間という感覚を大きく変えたなと再確認します。


サンフランシスコ到着。雨が降っている。今回、日曜夜、Keynote待ちの行列時、雨の可能性があるということが大きな課題の一つ。 ちょっと心配に。

 

こちらは、i文庫でお馴染みの Nagisaworks 浅田さんの白iPhone4。キャリアがAT&Tになっているのが分かるでしょうか?

さてサンフランシスコ中心部へ向かいます。


こちらが空港と中心部を結ぶ BART という電車。チケット販売機の金額入力UIが面白かったです。$8.50を選ぶ際に、$10のボタンを押してから、マイナス$1、マイナス¢10というボタンを押す方法。こんなの余裕がないと分かりません。

今回は魚井先生とちょうど空港でお会いできたので マネっこモードで颯爽とクリア!



今回の宿泊先は、HOTEL FUSION。参加決定直後に Booking.com にて予約。WWDC会場のモスコーンまで歩いて15分、Apple Store San Francisco は隣のブロック、空港からのBART最寄り駅も歩いて3分のところと絶好の位置。

今回シングル6泊で $674 (約5万6千円くらい)でした。また余裕があればツイキャスや部屋の写真も載せたいと思います。
Booking.com: 135000+ hotels worldwide. Book your hotel now!


サンフランシスコ観光

ホテルチェックイン後は、魚井先生、Nagisaチームと再集合して 食事および観光に。

まずは、魚井先生オススメの『Boudin Bakery』へ。サンフランシスコ名物の『クラムチャウダー』


美味しかったです。サワーブレッドとの相性も抜群!でも。。。
写真では分かりづらいですが、大きかった。中身のパンとスープでお腹いっぱい。ガワは残してしまいました。


腹も満たされたところで、Apple Storeでお詣りに。
アップルストア サンフランシスコ店は、心斎橋を一回り大きくしたお店という印象。中央の階段と2回の渡り廊下、天井から空が覗けるのが非常に新鮮でした。



そして WWDCメイン会場のモスコーン ウェストに。モスコーンは巨大なコンベンションセンターで、ウェスト以外にもサウス、ノースなどもあって そちらの方が建物としては もっと大きいとか。。。
流石サンフランシスコだなと思いました。


WWDCシーズンでは必ず記事トップに出る巨大なアップルマークとWWDCの文字。実感と夢の中にいるような曖昧な感覚でした。


こちらが中の様子。当然、中には入れないのですが、中でイベント関係者と思われる人が作業中。ガラス張りの外から写真と動画を撮りました。

「OS X Lion」「iOS 5」「iCloud」その3つが今回のWWDCだという巨大なバナー。


その後、いろいろと散策。サンフランシスコ訪問回数は約50回らしい最強のガイドと一緒だったので非常にスマートに散策できたと思います。ほんとに助かりました!


最後に晩飯ですが。。。
Apple Store 前を通ったところ、魚井先生お知り合いのサーバー系の方々と合流。これまたオススメの中華料理店『Oriental Pearl』へ。料理$30コースでいろいろ美味しいものをいただきました。ちなみに写真中央の赤いのは人参で創られた龍。この後、同じく人参で ニワトリのようなものも。。。あ、今思えば 鳳凰だったのかも。。。

過去の記事一覧