2013年12月25日水曜日

20世紀最高の建築、ル・コルビュジエ「サヴォア邸」を LEGO Architecture で楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加    



どうも。「建物探訪」が大好きなトブ(@tobu1)です。

少し前に LEGO Architecture シリーズを購入したので紹介。20世紀最高の建築の一つ、ル・コルビュジエの「サヴォア邸」です。

ル・コルビュジエのサヴォア邸
Villa Savoye
画像: Villa Savoye à Poissy - Centre des monuments nationaux
サヴォア邸(1931年竣工)は、近代建築の三大巨匠の筆頭ともいえるル・コルビュジエがパリ郊外に設計した近代住宅。

彼が提唱した近代建築の5原則(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面)実現された歴史的な住宅として知られています。

    *     *     *

LEGO「サヴォア邸」の外箱裏面。名前の由来は、依頼主ピエール・サヴォア夫妻より。

開封。説明書とLEGOブロック。660ピースで12歳以上を対象としています。

説明書には、上写真のように使うパーツと数、組立る場所などが。

また英語ながら、詳しい説明と写真で実際のサヴォア邸が紹介されてます。

今回は名建築を味わうのが目的だったので、他にもDVDを事前にみたり、書籍で確認したりしつつ作成、3時間ほど掛かりました。

  

さて、実際に組立に。
1階部分。この青と赤のカラーは最後まで謎。10ほどの Y字のパーツは後ほど。。

2階の床タイル。楽しくもあり、苦痛でもある部分。精度が見栄えに直結します。

2階部分完成。

あとは1階のピロティに2階を載せれば。。。

はい。ル・コルビュジエの代表作「サヴォア邸」の完成です。ピロティの上に隙間が出来る場合は、ピロティ部分パーツを持ち上げるとスッキリ。

反対から。2階と屋上をつなぐスロープなど。またピロティ部分は車寄せを意識して作られたのだとか。雨の日も便利そう。

これまで沢山の雑誌などでみたサヴォア邸ですが、LEGOで作ってみることで空間的な意味やイメージがより鮮明に掴めました。
Villa Savoye
画像: Villa Savoye à Poissy - Centre des monuments nationaux
次にパリに訪れる機会があれば近代建築の住宅として歴史的なサヴォア邸をぜひ訪問してみたいものです。

  


コルビュジエといえば、丹下健三さん、安藤忠雄さんらに強く影響を与えたことでも知られています。こちらの記事もどうぞ。

「香川県庁舎ガイドツアー」“死ぬまでに見ておくべき100の建築” を見学 #丹下健三生誕100周年 | トブ iPhone

3.直島前編「ベネッセハウス オーバル宿泊とテラスレストランでの夕食」瀬戸内国際芸術祭 2泊3日の旅 | トブ iPhone


過去の記事一覧