2014年3月21日金曜日

ジョブズが嫌った2つの言葉「ブランド」そして「マーケティング」

このエントリーをはてなブックマークに追加    



スティーブ・ジョブズが嫌った2つの言葉

元アップルのマーケティング担当副社長だったAllison Johnson氏が99Uのインタビューで、スティーブ・ジョブズには「ブランド」と「マーケティング」という2つの言葉が禁句だったと語っていたとEntrepreneur.comが記事にしていました。

元アップルVP Allison Johnson氏

以下、インタビューから。
スティーブによると、人はブランドをテレビの広告やCMなどと結びつけて考えています。最も重要なことは人と製品の関係性です。だから「ブランド」という言葉は禁句でした。
In Steve's mind, people associated brands with television advertising and commercials and artificial things. The most important thing was people's relationship to the product. So any time we said 'brand' it was a dirty word.

マーケティングは誰かにモノを売ろうとすることです。もし価値を伝えようとしなかったり、製品について教えようとしなかったり、製品を最大限に利用する手助けをしていなかったら、売り込もうとしてるのです。そういう立場に立つべきではないのです。
marketing is when you have to sell to somebody. If you aren't providing value, if you're not educating them about the product, if you're not helping them get the most out of the product, you're selling. And you shouldn't be in that mode.

さらに2つのジョブズの言葉
ジョブズの前で禁句だった「ブランド」「マーケティング」。といっても単純にその言葉を嫌っていたわけではないと思います。


「私にとって、マーケティングとは価値の話だ」 
ジョブズは過去に有名なブランド・マーケティング・キャンペーン「think differetnt」を行っています。次の動画では1997年にジョブズがブランドやマーケティングをどのように考えていたかがよく分かります。


「我々の核にあるのは価値観だ。」
さらに遡って1985年。ジョブズが29歳の頃にもプレイボーイ誌へのインタビューに対して同じような言葉を。

ジョブズの価値観と経営方針。製品を通してアップルの価値観をシンプルに伝える。ジョブズらしい考え方だと感じます。


最後に、99Uが行ったAllison Johnson23分のインタビュー動画です。
via. The Two Words Steve Jobs Hated Most | Entrepreneur.com

*Allion Johnson氏は2005年にHPからアップルに移籍、2011年までWorldwide Marketing Communicationの副社長としてジョブズと直接接していた人物。現在Westという会社を起業。

参考)
4822268705


過去の記事一覧