2007年10月27日土曜日

Time Machineの設定について

このエントリーをはてなブックマークに追加    


mbp&co: Leopardその1、インストールのようなことがありつつも先ほどTime Machineでのバックアップが終了。これで一応安心していいのかな。

現状はMacBook Proで約100GB使用していて、FW800で外付けHDDにバックアップ。初回は100GB全部のバックアップで1時間ほど掛かりました。



上が設定画面の最初の画面。もう少し設定でカスタマイズできたらいいのに。

・過去24時間の1時間ごとのバックアップ
・過去1カ月の1日ごとのバックアップ
・バックアップディスクが一杯になるまでの1週間ごとのバックアップ

また「ディスクを変更」で下の画面に。
timeとなってるのがTime Machine用に作ったボリューム。



次が「オプション」の画面。
バックアップから除外する項目はここに。



う〜ん、設定できる項目が少ない気がする。
個人的には1時間前、2時間前、3時間前、6時間前、12時間前、昨日、2日前、3日前、1週間前、2週間前、1カ月前、2カ月前、3カ月、半年、1年とかくらいでバックアップしないと、200GB程度の外付けHDDだと直近のバックアップだけ一杯になりそうなのが心配。
念のため、Time Machineとは別にバックアップを取っておこうっと。

ただし、より楽にバックアップを取れるようになったのは多分今思ってる以上に大きいと思う。バックアップから特定のファイルを探して復活させてた今までより、気軽に削除したファイルを復活できるTime Machineの本当の評価まで3カ月くらい必要かも。

過去の記事一覧