2007年11月2日金曜日

薄型軽量MacBookへの期待

このエントリーをはてなブックマークに追加    


仕事ではThinkPad X41を持ち歩いてます。家ではウルトラベースX4に載せれば、マウス、電源ケーブル、LANケーブル、ときには外部ディスプレイのケーブルが繋がってるのですぐに作業に取りかかれるし、逆に持ち出すことも出来ます。



一方で現在MBPには以下のようなものが繋がってます。

電源ケーブル
USBハブ(マウス用無線とiPod nano、プリンタ)
スピーカの二股出力(スピーカとイヤホン)
外部ディスプレイ
LANケーブル
WF800のHDD
USBにiPod touch(前述のハブはバスパワーのため)

これらがいちいち脱着が面倒なんですよね。普段は据え置きだし、全てが常に接続されている必要もないんだけど。以前にあったDuo Dock Plusみたいなのが、個人的に理想なのかも。

噂が絶えない軽量薄型のMacBook Proが出てDockなどが洗練されたデザインで出てくれるととても嬉しいのですが。光学ディスクドライブもいらないし、数年後にはUSB3.0に取って代わられそうなFireWireとかもなくて結構。1.3kgぐらいでそれなりの処理能力を持っていてGPU付き、残りはDockで拡張可能なMacBookが欲しい。

今回、ホリデーシーズン向けにMacBookおよび同Proがアップデートされました。となると来年のMac Worldでこれらがアップグレードされる可能性は低くなった気がします。そこで軽量薄型Dock付きMacBookの登場!と期待しましょう。

過去の記事一覧