2008年6月4日水曜日

日本で最初のiPhone SDK開発パスはiPongへ?

このエントリーをはてなブックマークに追加    


6/2
iPongを公開していたらAppleからメールが来た - shi3zの日記 より
SDKのなにかのアグリーメントに抵触してるのかと思ってドキドキしながら電話を賭けたら、「面白いので、逢いたい」と言われた。

ということでサンフランシスコに行ってきます。

6/3
サイコロを振らなければ六は出ない。 - shi3zの日記 より
全く仕事になるかわからないiPhoneに対して、モノを作って行くというある種の決意というか確信があった。

それはマルチタッチがこれからのキーテクノロジーになるだろうということ。

だから僕らは一年前からマルチタッチの研究をしているし、実際にマルチタッチの実験装置も開発した。
さらには、
Appleから、日本の独立企業としてはおそらく初めて、iPhone SDKの正式な開発パスをもらえることになった。

こういうのをリアルタイムで読んでいるとこっちまでワクワクする。モノポリーやってる場合じゃないか。。。

こういう流れの元となった動画

YouTube - iPong

過去の記事一覧