2008年9月17日水曜日

EOS 5D Mark II 発表、でも動画撮影って必要あるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加    



ようやく9/17 本日、EOS 5D Mark II が発表されました。

いきなりネガティブなタイトルですが、Canonのフルサイズ機としてとても発表を待ち望んでいた機種でした。

特徴は、キヤノン:EOS 5D Mark II|概要によると、以下の通り。
* 35mmフルサイズ・約2110万画素CMOSセンサー
* 高精細・高速画像処理 次世代映像エンジン「DIGIC 4」
* 常用ISO感度100–6400、拡張ISO25600
* 最高約3.9コマ/秒の連写性能とUDMA対応
* 視野率約98% 明るく見やすい高倍率新ファインダー
* 高速・高精度9点+アシスト6点 AFセンサー搭載
* EOSシリーズ初フルHD動画撮影機能搭載
* 3.0型約92万ドット・クリアビュー液晶
* さらに進化した先進のセンサーダスト対策
* 快適AFライブビュー撮影機能搭載
* レンズ周辺光量補正機能
* オートライティングオプティマイザ機能
* 防塵防滴機能の向上

EOS 50Dと同じく、高画素化、DIGIC 4、髙感度対応、液晶の高画素化などなど、期待されていた機能での登場です。

ただ個人的に一番驚いたのは「EOSシリーズ初フルHD動画撮影機能搭載」、つまり動画撮影までできるようになったこと。つい先日発表されたNikon D90でも動画撮影機能が搭載されたので、ありうる展開だとは思うのですが、どうも納得がいきません。

その分、少しでも高画質に、そして安価に、軽く作って欲しかったなぁ。Kissクラスの最上位Ver.あたりならまだしも。あればあったで便利な機能なんだろうけどねえ。

過去の記事一覧