2008年9月7日日曜日

「時代を変えたパソコンソフト」表計算ソフト VisiCalc(ビジカルク)

このエントリーをはてなブックマークに追加    



最初の表計算ソフト VisiCalc(ビジカルク)が開発される経緯をYouTubeで発見。10年ほど前の映像のようですが、ソフトウェアの歴史を知る上で非常に興味深いものでしたので、紹介。

VisiCalc - Wikipediaにより、
1979年、Personal Software 社(後のビジコープ)が発売した VisiCalc は、Dan Bricklin 考案、Bob Frankston 設計、彼らの Software Arts 社開発によるものであった。VisiCalc は当初 Apple IIコンピュータ向けにリリースされ、ビジネスツールとしてのパーソナルコンピュータの有効性を示し、Apple II の躍進に寄与した。
映像の内容は、新・電子立国 - Wikipediaより。
ダン・ブルックリンらがハーバード・ビジネス・スクールの授業中に「電子式表計算」の着想を得てApple II用に開発したVisiCalcを嚆矢として表計算ソフトが広まっていく様と、その中で最初の開発者が訴訟に巻き込まれて消耗する様も紹介する。






*この番組はみーけさんDark局長さんから教えてもらいました。感謝。

ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史

表計算ソフト - Wikipedia
VisiCalc - Wikipedia
Lotus 1-2-3 - Wikipedia
Microsoft Excel - Wikipedia

過去の記事一覧