2008年12月20日土曜日

この1年半で買ってよかった本10冊

このエントリーをはてなブックマークに追加    


このブログも正月で1年半を迎えます。
その1年半で買ってよかった本10冊の紹介。

是非、本屋で中身を確認してほしい本たちです。
年末年始にどうぞ!

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン


いかにストレスをなくすか。
GTDがわかった一冊。


仕事は楽しいかね?
デイル ドーテン


「試してみることに失敗はない」
ポジティブになれた一冊。
*この本についての記事


自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート


こちらも対話形式。
amazonのレビュー数が凄いことに。
対人関係の考え方が変った一冊。


効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代


いかに効率を求めるか。
読書に対する考えに驚いた一冊。
*この本についての記事


戦略的プレゼンテーションの技術―オープンな意思決定のために
八幡 紕芦史


プレゼンの技術100
プレゼン構成を図れる一冊。



レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏
アンディ ハーツフェルド


Macintosh誕生のキープレイヤーの告白。
当時の雰囲気が知れる一冊。
*この本についての記事


アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡


iMac以前のアップル製品について。
特にコンセプト・デザインが凄い。




ノンデザイナーズ・デザインブック Second Edition


アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング



** オススメ本についてのコメント待ってます。 **

過去の記事一覧