2008年12月14日日曜日

Zaurus生産停止と私のPDA履歴書(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加    


PDAの草分け「ザウルス」生産停止、高機能携帯に押され(読売新聞)という記事がありました。

えっ、まだ生産していたの?というのが第一感です。1993年10月のPI-3000に始まったZaurusもついに過去のものに。なかなか感慨深くもあります。そこで Zaurusに始まり、現在のiPhoneへ繋がる私が使ったPDAを思い出したいと思います。


Zaurus PI-8000
 1997年1月に発売されたZaurus PI-8000が最初のPDAでした。PI-7000が欲しくなっていたところ、丁度新製品が出て購入したのを覚えています。

PI-8000は14.4kbps!というモデム内蔵したのが画期的で、即 Nifty Serve(今の@nifty)に入っていわゆるパソコン通信をやっていました。当時は従量制だったのでデータ通信代がとても高かったと記憶しています。色んなデータを入力し、いつでも検索できるようにして使っていました。定価8万円というのも今思うと結構高価ですよね。
*参考 シャープ、14.4モデムkbpsモデムを内蔵し40桁表示が可能な新ザウルス発表


Zaurus MI-310
 カラーポケットZaurus MI-310です。サイズは 約146.5×約83.5×約18mm、約240g(電池含)3.8inchフロントライト付反射型TFTカラー液晶 320×240ドット(65,536色)。定価11万円。98年9月発売。

先にカラー化されていたパワーザウルスがとてもポケットに入るサイズでなかったので小型化はとても嬉しかったです。やはり高かったなぁ。カラーになることで電池の消耗が早いことには賛否ありましたが、やはりカラー化による視覚的なメリットは個人的に大きかったですね。

*参考 フロントライト付反射型液晶を搭載した「ザウルスカラーポケット」


Mobile Gear II MC-R520
 DOS機 Mobile GearのWIndows Mobile版。99年3月発売。245×131×28.8mm,約770g。

外出先で長文入力したいと思い購入。Poket Word,Excelが入ってましたが実用するにはとても遅くて非常用という使用法でした。WZエディタ?を購入してできるだけストレスなく文章入力するかという使い方でした。あとは文章をコンパクトフラッシュでデスクトップ機へ転送して運用。メモリ増設して使ってました。

*参考 Mobile News : NEC,MobileGear II MC-R520紹介



この後、結局WindowsとWindows Mobileという別のプラットフォームを使うより、Windowsのみで運用できたらと考える。当時 Libretto L2という画期的なマシンが出たので購入。出張時にはとても役立ちました。2001年購入。でも実際それなりの時間と場所がないと使わなくなって。。。
*参考 東芝、LANポートを実装した『Libretto』の新モデル『Libretto L2』を発表
長くなってきたので、次回 Palm編 につづきます。(笑)
いや〜、それにしてもお金掛かってるますねぇ。。。

Zaurus生産停止と私のPDA履歴書(後編)

過去の記事一覧