2009年3月9日月曜日

Kitcut の想い出2 (草津HDD編)

このエントリーをはてなブックマークに追加    


Kitcut の想い出の続きです。

     *     *     *

2008年11月14日、Kitcut の新装開店に出向くも、その後は JR草津駅近くのモール2Fと、個人的に車でのアクセスが難しくなったこともあって少しご無沙汰していました。

でも、その後に Kitcut じゃないという案件が発生。MacBook ProのHDDの容量不足です。バックアップには内蔵HDD以上の容量が欲しいので、同時に外付けHDDも必要となりました。

     *     *     *
     
iMac や Mac mini、ユニボディ前の MacBook Pro ではそれなりに知識と経験がないと HDD換装はやや敷居の高いものとなります。

Kitcutだと 作業料金表 にあるように HDD交換料金が 5,250円。自分でやる時間、自信などがない人はプロに頼むという選択ができます。郵送にも対応しているようなので持って行く時間がない、持って行くのが面倒 という人にも便利かも。

私の場合、時間はあっても自信がないので即お願いすることに。詳細は次の記事に。
MacBook ProのハードディスクをKitcutさんで500GBに換装しました

     *     *     *

そう、上の記事では省きましたが、事件が起きたんです。

「草津キットカット、クレジットカード事件」

HDD換装を頼む前日、久々に Kitcut に寄りました。店員さんに話しかけ、店にある内蔵HDDの種類や価格を確認。ちなみに前日にみたヨドバシ梅田より、大容量の2.5inchは豊富でした!

そして外付けHDDを選択に。1TB か 750GB にするか、FireWireは 800対応か400対応か、店員さんを前にして優柔不断に悩んだ後、LaCie 1TBをお買い上げ。バックアップをとって明日 MacBook Pro を持ってくることを告げて。。。


そして次の日。そう、あの事件はすでに始まっていたのです。


前日夜にバックアップを済ませ、MacBook Pro を500GB にするために Kitcut へ。店内には昨日話した店員さんがいなかったので、カウンタにいる人に話しかけます。

「MacBook ProのHDD換装をお願いしたいのですが。」


そして帰ってきた言葉が、なんと

「 (私の名前)様ですか?」


なんと! 名前で!

これは書籍「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」にあった最高のサービスでは!と。なるほど、明日 HDD購入すると言ってたから伝言されてたのかと。心くばり、NOといわないサービス、それらの言葉が蘇ります。


そして、店員さんのさらにひと言

「昨日、クレジット・カードをお忘れでしたよ」


・・・・

お後がよろしいようで。



「iPodとMacBookが当たる!トラックバックキャンペーン」応募期間2月28日から3月13日! Kitcut電車広告ジャックキャンペーン特設ブログ


リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと


過去の記事一覧