2009年5月18日月曜日

新型インフルエンザ関連のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加    


新型インフルエンザ、通称、豚インフルについて。

まず 政府インターネットテレビ (約15分の動画)


まず予防

インフルエンザ 7.1 感染予防対策 - Wikipediaより
・免疫力 (十分な栄養・睡眠休息)
・十分な手洗い(手すり、ドアノブ、キーボード、マウス)
・うがい(水道水でも有意な効果)
・目や口などの粘膜部分に触らない
・湿度を50~60%に。換気する
・マスクは正しく付ける
・人混みを避ける


どんなウイルスか?

・新型インフルは感染力は大、しかし毒性は低い様子。
・世界的にも有意に若者に感染者が多い。

・感染後およそ 1~3日目は潜伏期で、4~6日目が発症期となる。
・潜伏期でも他人を感染させるので注意する必要有り。

豚インフルエンザ - Wikipedia


準備しておきたいもの

・2週間程度の食料と水(外出を控えるため)


発熱を感じたら

全国の発熱相談センターリスト
大阪府の発熱相談センター
大阪府/大阪府保健所等一覧

*電話窓口も手一杯。質問は準備して簡潔に。

大阪府庁 06-6944-6791(専用回線) 24時間対応

大阪市 発熱相談センター(保健所感染症対策担当)
 大阪市阿倍野区旭町1-2-7-1000
 06-6647-0956(24時間対応)

堺市 発熱相談センター(保健所医療対策課)
 堺市堺区南瓦町3−1
 072-228-7023(24時間対応)

東大阪市 発熱相談センター(保健所健康づくり課)
 東大阪市岩田町4-3-22-300
 072-965-0521(午前9時から午後7時)

高槻市 発熱相談センター(保健所内)
 高槻市城東町5−7
 072-661-9340(午前8時45分から午後5時15分)


神戸大学 感染症内科 岩田教授 のブログから

楽園はこちら側: アメリカの新型インフルまとめから
- 年齢は3ヶ月から81歳。60%が18歳以下。
- 40%が10−18歳の間、51歳以上はわずか5%。
- 入院患者は19ヶ月から51歳。18%が5歳以下。

楽園はこちら側: 豚インフルについて、研修医の皆さんへから
  (*こちらの引用部分のほうが読みやすい)
 医師へのことば。だけど 患者側も読んでおきたい名文。


その他のリンクなど

感染症情報センター<新型インフルエンザ(A/H1N1)>
厚生労働省:健康:新型インフルエンザに関するQ&A
外務省:新型インフルエンザ


新型インフルエンザ/感染と予防Web
医者要らずでできるインフルエンザ対策:予防接種なしで済ませる、4つのインフルエンザ予防策 (1/2) - ITmedia Biz.ID

過去の記事一覧