2009年5月20日水曜日

OS X に活を入れるターミナルコマンド15 (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加    



TechRadar UKで紹介されていたターミナルコマンド15。

ターミナル関連は間違うと深刻なトラブルとなる恐れがあります。くれぐれも自己責任でお願いします。


システム関連


1. プロセスの終了

killall [プロセスの名前]


2. 隠しファイルの表示

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true


3. 保存/印刷 ダイアログの詳細表示

defaults write -g NSNavPanelExpandedStateForSaveMode -boolean true

defaults write -g PMPrintingExpandedStateForPrint -boolean true

*これは便利ですね。


4. 「このアプリケーションで開く」の再構築

/System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/Versions/A/Frameworks/LaunchServices.framework/Versions/A/Support/lsregister -kill -r -domain local -domain system -domain user

*上記コマンドは1行でできてます。これも便利。


Dock関連

*全てコマンド後 "killall Dock" が必要


5. Dockを2Dに

defaults write com.apple.dock no-glass -boolean yes


6. 隠したアイコンを半透明に

defaults write com.apple.Dock showhidden -boolean yes


7. Dockアイコンにドラッグで実行する

defaults write com.apple.dock enable-spring-load-actions-on-all-items -boolean yes

これは LeopardのDockをカスタマイズ! - [Mac OSの使い方]All About の「●Dockのアイコンにドラッグしたアイテムを重ねると、点滅して開いたり切り替わる」で非常に分かりやすく説明されてますのでご参考下さい。

注)この7は、Renyさん、とんぼさん、Ryoさんのコメントにより修正。Thanks!



*後編に続きます。
OS X に活を入れるターミナルコマンド15 (後編)


元になった海外の記事
15 Terminal commands to supercharge OS X | News | TechRadar UK

過去の記事一覧