2010年1月5日火曜日

GuitarToolkit Lite: ギターやベースのコード・ライブラリ、メトロノームが使えるiPhoneアプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加    


先日、SMAPのiPhone CMで使われているアプリ「GuitarToolkit」 という記事を書きました。そのチューナー部分を省いたLite版である GuitarToolkit Liteicon を試してみたので、機能や設定を紹介します。

[参考] YouTube:フル版GuitarToolkitの動画(少し前のバージョン?)


このアプリの特徴
・6/12弦ギター、4-6弦ベース、バンジョー、マンドリン、ウクレレ
・50万を超えるコード・ライブラリ
・メトロノームは、12種類の拍子記号、13種類の効果音
・コード・ファインダーにて指版をタッチして、コード確認が可能

それでは実際のアプリ画面をみていきます。


1. 指板



左上が基本画面、フレットに実際に触ると音がなります。
ピンチにより、右上のように大きさを変えられます。



左上が指板の設定画面。
スケールをオンにしたのが右上の画面。


2. メトロノーム




左上が基本画面。真ん中の赤いボタンがスタート/ストップ。
その下のダイヤルをスライドすると、テンポ変更。

右上が設定画面。



左上はメトロノームの効果音13種類の設定画面。
右上は12種類の拍子設定。


3. コード



左上が初期画面。右上の虫眼鏡でコード・ファインダーモードへ。

右上がコード選択画面。
真ん中部分をタッチすると、自動ストロークのon/off、
表示を、音程>指>音 の順に変更可能。


4. 楽器(6弦)



左上が設定画面。
楽器の選択は右上画面。8種の楽器が選択可能。



左上はチューニング設定。+を押すことでカスタム設定も可能。

右上は基準ピッチの設定画面。



最後にヘルプ画面。非常に丁寧な作りだということが、このヘルプ画面から窺えると思います。


       *       *       *

今回紹介した「GuitarToolkit Liteicon」ですが、iPhoneのマイク機能を使ったチューニング機能がついた「GuitarToolkiticon」もあります。

今回、紹介したように丁寧に作り込まれていて、海外では非常に人気があるというのもよく分かる気がしました。

iTunes Storeで詳細をみる > GuitarToolkit Liteicon

過去の記事一覧