2010年11月7日日曜日

iPhoneの写真ライブラリを一括削除・読込するなら Mac の『イメージキャプチャ.app』が便利!

このエントリーをはてなブックマークに追加    



iPhoneで撮った写真やスクリーンショット。そこから選んでリサイズして使いたい場合はMac OSXの標準アプリ『イメージキャプチャ.app』『プレビュー.app』を使うと便利です。

今回は、メールやブログ画像用にiPhoneの画像をリサイズするワークフローを紹介します。iPhoto を使うより作業が減るかも。

イメージキャプチャで画像を選択して読み込む


イメージキャプチャ.app は Mac OSX 標準の画像読込み用アプリ。サムネイル状態で画像選択や削除できて無駄な読み込みを減らせます。またSDカードなどのメディアでも同様に使えます。

サムネイルの大きさは右下のバーで調整可能です。主な機能は次のとおり。
  1. 保存場所を設定可能(appへ送ることも)
  2. 全て/選択ファイルを読込が可能
  3. 選択画像に一度に左右回転・削除が可能
  4. 読み込み後に削除が可能
  5. iPhone(メディア)接続時の動作指定が可能

さらにリスト表示も。日付、ファイルサイズ、シャッター速度、ISO感度、フラッシュなどの情報も表示、ソート可能です。


ブログ用画像を選択したら、デスクトップなどに一旦 読み込みます。


プレビューで一括リサイズ、保存 

同様に プレビュー.app も非常に便利な標準アプリ。ここからは簡単な一斉リサイズを。
1. 先ほど保存した複数画像を選択、プレビュー.app で開く(Cmd-O
2. 全選択(Cmd-A)して、ツールから『サイズを調整...』を選択
3. 好みのサイズに変換し、閉じる(Cmd-W
4. 上の画像のように保存確認が出るので『すべてを保存』(Return

以上、簡単ですが イメージキャプチャ.app と リサイズ ワークフローの紹介でした。


*     *     *

関連する記事
Mac OS X 標準ビューワ『Preview』で使いたい便利技 | トブ iPhone

過去の記事一覧