2014年12月27日土曜日

東京都庭園美術館:アール・デコ様式の旧朝香宮邸と新館、リニューアルした美術館に行ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加    



先日、白銀台にある東京都庭園美術館がリニューアルオープンしたので行ってきました。


訪問時の展覧会は「アーキテクツ / 1933 / Shirokane」と「内藤礼 信の感情」。

リニューアルした本館へ
東京都庭園美術館は、朝香宮が皇籍離脱まで暮らされた邸宅(1933年完成)。その後、外務大臣公邸、白金プリンス迎賓館を経て、1983年に都立美術館に。

約3年間の休館中に修復・復原作業が行われ、当時の旧朝香宮邸の様子を伺うことが出来ます。

大広間。

今回、写真撮影は平日のみ。訪問時は金曜、オープンと同時に入場したので比較的にゆったりと見て回ることができました。» 写真撮影について


アールデコ様式の建築設計は宮内省内匠寮、インテリア、シャンデリアなどはフランス人デザイナーによるもの。

女神像のガラスレリーフ



ラジエーター・グリルが見事。



新規建築の新館へ
今回の目的の一つが、新館。

新館は、建築でも活躍中の現代美術家 杉本博司氏のアドバイスにより、あたらしいホワイト・キューブの展示室が新設されています。

カフェとショップ。

展示室では本館にも飾られていた内藤礼の作品が。内藤礼といえば、豊島美術館で西沢立衛とのコラボが記憶に新しいところです。
内藤礼



1920〜1930年代に世界的に流行したアール・デコ建築。建物もさることながら、内装や家具への気遣いが素晴らしく繊細でした。

新しくなった東京都庭園美術館。新館も加わり、当時へ思いを馳せつつ、近代美術をゆったり観賞できる美術館でした。


東京都庭園美術館
所在地: 東京都港区白金台5-21-9  » Google Map
開 館: 10:00-18:00(入館は17:30-)
休館日: 毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
展覧会準備期間、年末年始

» 東京都庭園美術館|OVERVIEW|2014年11月22日(土)、東京都庭園美術館はリニューアルオープンします。


豊島美術館と家キッチンで癒された。1.豊島編:瀬戸内国際芸術祭2013夏 2泊3日の旅 | トブ iPhone
西沢立衛 ...



過去の記事一覧