2015年3月31日火曜日

あなたにとってのMacとは?AUGM神戸と名CM「Macのどこがいいんでしょう」 #augmkobe

このエントリーをはてなブックマークに追加    



AUGM神戸初開催
昨日、アップルユーザーが全国から集う「AUGM神戸」が初開催。第一回とは思えない充実した内容で、中でも「Macintosh 31周年メモリアルトーク」が素晴らしかった。


檀上には、AUGM大阪の魚井宏高先生、読売テレビの脇浜紀子アナ、Macお宝鑑定団のDanboさん、ジャーナリストの林信行さん、Apple Clipの佐藤豊彦さん、ソフトバンクの中山五輪男さん。司会・進行はAUGM神戸代表の杉本真樹先生でした。


あなたにとってのMacとは?
「初めてのMac」でそれぞれのMacとの関わりを振りかえったあと、「あなたにとってのMacとは」という質問が。

杉本先生がアップルからMacintosh 30周年記念で選出されたときの質問だったそうです。杉本先生は外科医らしく道具に例えて『メス』と答えたとか。続く回答が各パネリストのパーソナリティーを偲ばせる内容で非常に興味深いセッションした。

AUGM神戸に参加した人の特典で一つ一つの内容には触れませんが、林信行さんと杉本先生が引用していた2つの動画を最後に紹介。


映画「スティーブ・ジョブズ1995」
林信行さんはMacの魅力として、ジョブズがMacを「知の自転車」としてみていたこと、「石ころを玉にするプロセス」などを紹介されていました。この2つの動画は映画「スティーブ・ジョブズ 1995」に含まれています。




CM「Macのどこがいいんでしょう」
こちらは杉本先生が「あなたにとってのMacとは」という質問に入る時に紹介されたアップル・ジャパンの名CM。

Macのどこがいいんでしょう?
Macのどこがいいんですか?
Macのどこがいいの?
Macのどこがいいんだい?

Macって、それぞれが好きな部分を語れるマシンだと思います。
あなたはMacのどこが好きですか?

過去の記事一覧