2015年4月24日金曜日

Apple Watch:バッテリ10%未満で自動的に省電力モードに(省電力モードとは? 電力モードの切替方法)

このエントリーをはてなブックマークに追加    


Apple Watchのバッテリー残量が約10%未満になると、自動的に「省電力モード」になると Apple Watch ユーザガイド に書かれています。

「省電力モード」では電力を節約しますが、時刻の管理と表示のみでアプリ使用ができなくなります


「省電力モード」から通常の電力モードに復帰する
通常の電力モードに戻る場合は、サイドボタン長押しして Apple Watch を再起動する必要があります。またこの時、ある程度のバッテリーが必要になるようです。


最後に、「省電力モード」への切替方法を。
省電力モードへの切替方法
(1)文字盤で上スワイプ > 左右スワイプで「バッテリー」グランス > 省電力モード から。 (2)サイドボタン長押し、右スライダでも。


» アップルが「Apple Watch ユーザガイド」を公開、iPhoneとのペアリング方法、強制的な再起動方法など

Apple Watch で試したいアプリまとめ(2015年春 Apple Watch発売) | トブ iPhone






過去の記事一覧