2008年6月5日木曜日

iPhoneが出るまでにしたい10のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加    



iPhoneが出る!iPhoneが出る!とアタフタしないように考えておかなきゃ。ということで、いくつか考えてみた。


1. 携帯キャリア、および端末を替える準備をする

6/9のWWDCで発表されるとしても、通信機器の登録などを考えると日本での発売は(米国もほぼ同じか?)9月以降になるか。となるとある程度余裕を持ってキャリア変更、または端末の準備をしたい。使用中の携帯の縛りなどをチェックし、余計な出費を抑えるのが得策かも知れない。


2. 余分になるiPodなどを処分する

携帯と同じく、iPhoneを購入することでtouchやnanoなどを使わなくなる場合、こちらも早めの処分を検討するべきか。iPhone発売時期にはiPod、特にtouchの市場価値が下がることが予測される。


3. 料金プランの確認

Softbankの発表をみないことには何とも言えないが、これまでの携帯料金プランとは違う全く新しいプランの発表が予測される。iPhoneを手に入れたら必要以上にwebに繋ぎたくなるのは必至だろうから、定額制かどうか、パケ死にならない使用法をちゃんと理解しておかなければならない。


4. iPhoneと他の端末の連携を考えておく

iPod+ケータイ+web端末としてフルに活用すれば、あっという間にバッテリが尽きて結局どれにも使えないピカピカの板になってしまう恐れもある。使い方によっては、携帯とiPhoneだったり、iPhoneとnanoという連携で使った方がよりよいiPhoneライフをおくれるはず。ちなみに個人的には、ケータイ+iPhone+nanoという3つを使い分けることを想定している。


5. iPhoneの基本的操作方法を知っておく

これまた発表されないと分からないが、これまでのiPhoneとの互換性もあるので急激なUIの変化はないと考える。そう仮定した場合、これまでのiPhoneのチュートリアルが十分に役に立つ。touchを使ったことが無く十分にiPhoneのUIをイメージできてない場合、これらのチュートリアルは役に立つと思われる。
アップル - iPod touch - ビデオガイド 日本語
Apple - iPhone - A Guided Tour - Large 英語


6. 電話帳の準備をする

iPhoneを手に入れたとして、電話帳がなければ逐一、電話番号を入力する必要が生じる。最低限の住所録をデジタルで準備しておこう。Macを使っているならアドレスブック.appを、Windowsでも一般的な住所録に登録してあれば変換できると思われるので準備しておけば便利だろう。今の携帯から電話帳を移せるか検討しよう。


7. iTunesの準備をする

既に使っている人には必要ないが、iPodを初めて使う場合、iTunesで音楽、動画などのコンテンツを準備しておけば、電話帳と同じくiPhone購入後すぐにコンテンツを楽しむことが出来る。iTunesは無料でダウンロードできるので、こちらもすぐに使ってみよう。
アップル - iTunes - チュートリアル - ジュークボックス
mbp&co: iPodとiTunesのマイレートやジャンル、グループの使い方


8. 実際にiPhoneをどう予約、そして購入するか

品切れが予想されるので、予約が必要だろう。通常の製品発表では数時間後にはApple Storeで注文できる。今回は事情が違うので詳細は不明だが、これまでの経験上、On lineのApple Storeでの注文が最優先で、実店舗のApple Store、全国展開の大型量販店とモノが送られる。今回はSoftbankの実店舗も優先度高そうだが、発売されるまで正確なところは当面分からない。Amazonやら全国展開の量販店では、発売日と同時に手に入るかはもっと不明だ。このあたりは今後の情報に注目されたい。


とタイトル先付けで8つを考えてみた。もう2つくらいはありそうな気がするので、思いついたら追記します。またコメントお待ちしてます。

iPhoneが日本に上陸する日

過去の記事一覧