2007年8月6日月曜日

iPodとiTunesのマイレートやジャンル、グループの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加    


自分なりのiTunesのマイレート、ジャンル、グループなどの使い方の紹介。iTunesのミュージックは約7000曲、約32GBほど。そのうち洋楽が5000曲ほどで最近の音楽というより70年代や80年代のロックが多いです。iPod nano(4GB)でドライブや通勤で使用してます。

チェックマーク


OnとOffがあり、Off曲はiPod転送を選択できる。が、OnOffで転送でするのは手間。iTunes上ではOn曲のみの再生となるからだ。つまりiPod転送しないが、iTunes上でのシャッフルやアルバム選択で聴きたい曲はOnになってたほうが便利だ。個人的にClassicやEazy Listeningで当てはまる曲が多い。またシャッフルでは聴かない曲(聴かないけど消すには忍びないとか、落語とか特殊な音声ファイル)でOffとする。

マイレート


レートは★0から★5までの6段階で、初期値は★0。運用方法は以下の通り。

★0はレーティング待ち(iPodでレーティングは便利!)

★1は今後聞かないだろう曲、当然iPodへ転送しない。

★2は嫌いではないが、nanoへは転送しない曲。

★3は好きな曲。nanoでは転送してない (約1000曲)

★4は結構聴きたい。iPod転送。(★4と★5で約250曲)

★5は特別に思い入れのある曲。

といった感じで使用中。

ジャンル(Genres)


CDDBのままだと同じアーティストのアルバムでも別ジャンルで登録されたりするが、検索および一覧性のため同ジャンルに統一している。iTuneでもそうだが、iPodのブラウズ時は、ジャンルは最も便利な検索方法の一つだから、ジャンルは最大でも20くらいにして検索を第一目的にするためだ。更に細分化するならグループで専用のタグを付ける方がいいと思う。

グループ


/US/ などとタグ付けすることで、スマートプレイリストで絞り込める。複数タグ付けも可能(例) /M/US/

ボーカルの性別で、M(男性)、F(女性)、I(インスト)など。国別で、JP、US、UKなど。をほぼ全てに付けており、特に邦楽、洋楽の絞り込みに使用している。

iPodへの転送


スマートプレイリストで「★3より大きい」を作り、「スマートプレイリストを選択して転送する」で選択。
その他にもiPodでのレーティング用に上限100曲ランダムで★0のスマプレ、また新作インポート用に最後に追加した項目を上限150曲でスマプレを使用して転送してます。


iTunesに関連するエントリ
mbp&co: iPod touchで使ってるプレイリスト


過去の記事一覧