2011年7月25日月曜日

OS X LionのインストールDVDを作成する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加    



OS X Lion インストール用のDVDを作成方法したので、備忘録として。



インストールDVDを作成する理由
現在、OS X Lion を使うためには Mac App Store からのインストールが必要となります。

インストーラは約3.8GBもあってダウンロードにかなりの時間を要します。必要になった時に再度ダウンロードする必要がないようにインストールDVDを作成しておくと便利というわけです。

この準備をしておくことで、Lionの再インストールはもちろん、別のMacへのLion導入などに役立ちそうです。

<注意>以下、自己責任でお試し下さい。なおDVD作成には次の記事を参考にしました。
How to Make a Bootable Install Disk of Mac OS X Lion | Cult of Mac
How to burn a Lion boot disc | TUAW - The Unofficial Apple Weblog



作成方法の概略
1. 「Mac OS X Lion インストール.app」の確認
2. 「InstallESD.dmg」の確認
3. 「InstallESD.dmg」をDVDに焼く

以下、それぞれもう少し詳しく紹介します。

1. 「Mac OS X Lion インストール.app」の確認
このファイルがインストーラです。ダウンロード後はアプリケーションフォルダにありますが、OS X Lionをインストールすると削除されます。

1-A OS X Lionをまだインストールしていない人
Mac App Storeからダウンロードした直後のインストール前DVD作成をオススメします。

1-B OS X Lionを既にインストール済みの人



Mac App Storeを開き、購入済み(Cmd-4)から「OS X Lion」をみつけ、Optionキーを押しながらクリック。本来「インストール済み」と表示される部分が「インストール」に変わるのでクリックしダウンロード。(*インストール済みから変わらない人は、アプリケーションフォルダにダウンロード途中の該当ファイルがないか確認。あれば削除)

2. 「InstallESD.dmg」の確認 



アプリケーションフォルダの「Mac OS X Lion インストール.app」を右クリックし「パッケージ内容の表示」を選択。Contents/SharedSupport/ の中にある「InstallESD.dmg」を見つけて Desktop へコピー。

3. 「InstallESD.dmg」をDVDに焼く
「ディスクユーティリティ.app」を立ち上げて、メニューから「ディスクを作成」を選択し「InstallESD.dmg」をDVD作成して完成です。



最後に
今回、MacBook Pro で上のインストールDVD作成後、リモートディスクを使って MacBook Air で検証してみました。ネットワークからのダウンロードに失敗することもなく、すんなりとLionのインストール終了。余裕があれば、というか余裕があるうちにDVDを作成しておくのがよさそうです。

また USBドライブに作成する方法が次の記事に紹介されていました。再インストールを定期的に行う人はこちらを選択するのもよいかも。
Make a Bootable Mac OS X 10.7 Lion Installer from a USB Flash Drive


OS X Lion関連記事
OS X Lion を便利に使うためのTIPS集 [#1 Finder編]

過去の記事一覧