2012年5月16日水曜日

iPhoneで大人気のアラームアプリ『Due』のMac版がリリース、iPhoneと同期機能やショートカットが便利そうだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加    


「明日の朝9時にディナーの予約をとる」「定期購読を1カ月後に止める」

こういう時に便利なのが iPhoneで大人気のアラームアプリ『Due』。その『Due』のMac用アプリが Mac App Store で発売開始されています。Mac App Storeでみる


Dueって便利?って人に
特にDueが強いのが、繰り返しと先送り。「毎週金曜17時に今週の領収書を精算」とかいう繰り返し予定に強く、更に急な予定が入った時も通知を1時間後にすることなどが簡単に出来るアプリです。

次の動画はiPhone版ですが、Dueのプロモ動画です。イメージが掴めると思います。




Mac版のメリットは?
まだインストールして試してみたばかりですが、Mac版のメリットは以下のことがありそうです。


iPhoneとクラウドを使って同期出来ること。
Dueは iCloudやDropboxのクラウドを利用して、MacとiPhone、iPadとの連携が可能です。入力はMacが一番簡単、だけど常に携帯するのはiPhone。その時その時で一番便利な端末を使ってリマインド入力や通知を受けることが出来ることは大きなメリットです。
Macでの入力とショートカット
当然ショートカットも使えます。Dueの呼出や、タスクの先送りを時間毎に、などなど。迅速でストレスの少ない入力が可能になります。

チェックや先送り、リマインダの削除なども

リマインダの入力画面。繰り返し予定を表示

最後に設定画面。
Due呼出やスヌーズ時間の設定などが可能です。
同期設定画面。iCloudとDropboxから選択可能。
さくっと触ってみただけのMac版『Due』ですが、なかなか便利そうですね。iPhone版を使ってない人には、まずiPhoneアプリで試してみることをオススメします。



Mac版Due(記事掲載時: 850円) » Mac App Storeで詳細をみるicon




Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: ¥450
+ iPhone/iPadの両方に対応

過去の記事一覧