2013年3月9日土曜日

iPhone 5用のバッテリー内蔵ケース『juice pack helium』開封、印象、2つの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加    


mophie juice pack for iPhone 5

予約していた iPhone 5専用のバッテリー内蔵ケース『mophie juice pack helium』がついに届きました。(販売: フォーカルポイント社)

1,500mAhのバッテリー、Lightningコネクタ対応の新製品です。


早速ファーストインプレッションを書いてみます。

内容と外観

mophie juice pack for iPhone 5

まず箱を開けて、左から充電ケーブル(USB-microUSB)、パススルーケーブル、本体、説明書。



次に本体コネクタを取り外します。コネクタ部分には、iPhone 5で採用されたLightningケーブル、さらにイヤホンケーブル用の穴が見えます。


背面。LEDインジケーターがバッテリー残量や充電状況を表します。その右側にJuice Pack Air for iPhone 4になかった「スタンバイスイッチ」が付きました。


純正イヤホンと juice pack helium


イヤホン用パススルーケーブルが入ってることからも気になったので、まず純正のiPhoneイヤホンを接続。多少心許ないものの接続できました。

ただし、この状態で純正イヤホンを抜くときはケーブルを引っ張ることになるので断線が心配。素直にパススルーケーブルを利用したほうがいいのかなという印象でした。



こちらは、先し前に購入した『Klipsch Image X7i』。こちらはプラグ部が長めで脱着が容易でした。L型プラグのイヤホンだと当然パススルーケーブルが必要になるので注意。
» Image X7i の記事:快適なiPhone、Mac用イヤホン『Image X7i』購入、カナル型なのに耳が痛くならない理由


juice pack heliumを使う上で知っておきたい注意点

説明書の「よくある質問」から。
  • juice pack装着のままの同期はWiFi Syncで
    • microUSB有線接続では同期できないようです。
  • juice pack充電は、iPhoneバッテリーが20%近くまで減ってから 
    • iPhoneバッテリーを80%以上充電するには多くのパワーが必要とか。80%以上のときは、一旦充電中止を推奨とか。 (*ここでスタンバイスイッチが活躍)

*     *     *

以上、iPhone 5専用のバッテリー内蔵ケース『mophie juice pack helium』でした。


mophieのバッテリー一体型ケースは4から使っているのですが、個人的に1日外出するときには必携のバッテリーケースです。普段出来るかぎりケーブルレスで使用したい。そういう人に強くオススメします。



さらにiPhoneバッテリの予備、iPadの充電にはこちらも。空になった juice pack をバッグ内で再充電といった使い方も便利です。

売り切れ続出な大容量、高速充電可能な外部バッテリ『Cheero Power Plus 2』を購入 | トブ iPhone



関連記事

長時間の外出に最適な iPhone 4用バッテリ内蔵ケース『Juice Pack Air for iPhone 4』 | トブ iPhone


予約した! iPhone 5対応バッテリ内蔵ケースはAirより軽く薄く『mophie juice pack helium』 | トブ iPhone



過去の記事一覧