2013年10月14日月曜日

MacBook Air 11" をこんな時期に買った理由

このエントリーをはてなブックマークに追加    


MacBook Air 11" Mid 2013 Box

先日注文した『MacBook Air 11"』が届きました。

思い返せば、2010年10月発表の初代 MacBook Air 11" (以下、Late 2010) 以来、3年ぶりのサブ機アップデート。

今回の2013年6月発表の Mid 2013 とのスペック変化はこちら » MacBook Air - Wikipedia, the free encyclopedia


OS X Mavericks テスト機に
OS X Mavericks

また Late 2010 はアップルストア銀座で発売日に買ったので、吊しの メモリ2GBモデル。もうすぐ発表される『OS X Mavericks』を使うには厳しそう。

10月4日、アップルは開発者向けに『OS X Maverciks』のGM版を公開。10月22日開催と噂のスペシャルイベント以降、10月中のリリースを見越してのアップデートです。


ひらくPCバッグでモバイル熱が
改良された「ひらくPCバッグ」オリーブグレー購入、そして実際に試してみた | トブ iPhone


また先日、改良版『ひらくPCバッグ』を購入しました。これがなかなかイイ感じ。バッグ一つでかなり便利になりました。ただメイン機 MacBook Pro 15" Retina を入れるのは野暮ったい。そこで 本来 Retina化まで待つつもりだった Air 更新を実行しました。

少し前の iMac のアップデートで Retina化が見送られたことで、Air の Retina化を待つのが余計辛くなったのも理由のひとつ。


進化した Air 11"
Air更新を決めてからも 11"にするか13"にするか迷いましたが、今回はフットプリントの小ささを優先することにしました。

上が購入した Mid 2013。
MacBook Air 11" Late 2010 and Mid 2013
MacBook Air 11" Late 2010 and Mid 2013
左側の変更点。
  • MagSafe がより薄い MagSafe 2 に
  • USB端子が 2.0 から 3.0 対応に
  • 端子の種類を示すデザインが中央に
  • デュアル・マイク化
右側は、USB 3.0化 と Display Port の Thunderbolt化。


moshiのパームガードが再利用できた!
そうそう。Air 11"とPro Retina 15" で使っていた moshi社のPalmguard。古い11"から剥がしたものをダメ元で新しいAirに貼ってみると意外と再利用できた。

「剥がしても糊が残らない」という売り文句は伊達ではなかったようです。

汗や冷たいを防ぐ MacBook に貼る『moshi Palmguard』がおすすめな理由(パームレスト保護シート) | トブ iPhone


購入したのはメモリ8GBのUSキーボードモデル
さて、設定へ。OS X Mavericks へのアップデートを意識して、今回は真っさらな状態からインストール作業を行っていきます。


 


過去の記事一覧