2014年6月3日火曜日

アップルが WWDC 2014 で発表した OS X Yosemite、iOS 8のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加    



米アップルが、6月2日、WWDC 2014の基調講演を行いました。
以下、発表内容を短時間で把握できるようまとめてみました。


最初の発表はMac用OS「OS X Yosemite」でした。
OS X Yosemite
ヨセミテはカリフォルニアの国立公園、世界遺産にも登録されています。 » Wikipedia

デザインを刷新
通知センター:カスタマイズ可能に
スポットライト:Wikipedia、Bing、Mapなど検索可能に

Safari:ツールバー更新、更に高速に
メール:iCloudを使ったファイル添付「Mail Drop」
メッセージ:グループ対応、SMS対応、音声対応に
Finder:Apple版Dropboxなクラウド・ストレージ「iCloud Drive」

そして、MacとiOS連携
Phone Calls:iPhoneの電話をMacでも利用可能に

SMS:すべてのSMS、iMessageをMacで
Handoff:iOSで実行したことがMacで、その逆も(Safariなど)
Instant Hotspot:近くにiPhoneがあればテザリング可能に


OS X Yosemite は秋リリース予定で、開発者にはベータ版が配布されています。

*     *     *

続いてiPhone・iPad用の新しいOS『iOS 8』が。
iOS 8

写真:検索、編集、iCloud Photo Libraryによる連携強化。
編集では他の写真アプリでの編集、水平の後調整!タイムラプス撮影!

メッセージ:音声録音するUI「Tap to Talk」
メッセージ毎に名前を付けたり、グループチャットが簡単便利に
居場所の共有が簡単便利に(一時間、一日、無期限など)

キーボード:入力しそうな単語を候補に(日本語含む14カ国語で)
キーボードを開発者に開放(*ATOKなどの希望が!)

Family Sharing:iTunes, iBooks, App Storeを家族6人まで共有可に
写真、カレンダー、居場所の共有。購入時許可も

iCloud Drive:Apple版DropboxでMacなどとファイル管理可能に。

Health:健康・運動系の連携ができるアプリ。開発者にHealthKit。

Handoff:iPhone・iPad・Macで作業を連携、電話の受話なども
Spotlight:検索結果にWikipedia、ニュース、地図、iTunesなどが。


以下はやや開発者向け。
SDK:4000以上の新しいAPI。Touch ID、Camera API、HomeKitなど。
A7のCPUやGPUに特化したMetalなど。

Swift:新しい言語が発表。詳細はSwift - Apple Developer

iOS 8も秋リリース予定で、開発者にはベータ版が配布されています。

*     *     *

いかがでしたでしょうか。2時間超。ハードウェアは一切発表がなく、ソフトウェア、それも開発者に力をおいたWWDCらしい発表でした。

WWDC Keynoteの動画はすでに公式サイト、Podcastなどで配信されています。

» Podcast:https://itunes.apple.com/jp/podcast/apple-special-event-wwdc-14/id275834665?i=313784629&mt=2
» アップル、WWDC 2014のストリーミング動画を公式サイトで公開


OS X Yosemiteについて詳しくはこちらをどうぞ。
Apple - OS X Yosemite - Overview


iOS 8についての詳細はこちらをどうぞ。
Apple - iOS 8 - Overview


過去の記事一覧