2016年8月24日水曜日

トラブルメモ:ディスクユーティリティで「ボリュームが壊れているから修復必要」と表示されたときの修復方法

このエントリーをはてなブックマークに追加    



OS X El Capitan でハードディスク ボリュームを修復したトラブルメモです。

ディスクユーティリティで「修復する必要があります」の表示が
iMac で久しぶりにディスクユーティリティを起動、First Aid にて確認したところ。。

ボリューム "Macintosh HD"が壊れています。修復する必要があります。

El Capitanで「アクセス権の検証/修復」は自動化されました。しかし、ボリュームが壊れたと表示されるものの修復方法がよく分かりませんでした。

参考にしたのがアップルのサイト。» Disk Utility (El Capitan): ディスクを修復する

再起動して「OS X ユーティリティ」からのボリューム修復

  1. アップルメニュー>「再起動」と選択します。Mac が再起動して起動音が聞こえたら、Command キーと R キーを押したままにします。
    Apple ロゴが表示されたら、押しているキーを放すことができます。
  2. ディスクユーティリティ」をクリックして、「続ける」をクリックします。
  3. サイドバーで、修復したいディスクを選択します。
  4. First Aid」ボタン をクリックします。

ボリューム "Macintosh HD"の修復が完了しました。
無事、Mac内蔵の復元システムから「ディスクユーティリティ」の First Aid を使ってボリューム修復ができました。

てっきり再起動しなくとも「ディスクユーティリティ」で修復できると思っていたので、少し手こずりました。


最後に、アップルサイトで参考になった記事を
» OS X 復元について - Apple サポート
» Mac mini (Late 2012 以降)、iMac (Late 2012 以降):Fusion Drive について - Apple サポート



過去の記事一覧