2007年8月20日月曜日

Appleロゴに使われたフォントの変遷(Apple Garamond と Myriad など)

このエントリーをはてなブックマークに追加    


MotterTektura
Apple][などで使用された。Appleのロゴにある林檎が一口囓られた形を作るきっかけにもなったフォント。囓るのbiteと情報量を表すbyteをもじったとか。またロゴを囓られた形にすることで、さくらんぼではなく林檎だと認識しやすくすることにも一役買ったとか。


Apple Garamond
特にMacintosh以降のAppleのフォントとして長い期間を通じて採用された。Think different や iMacやiPodの発売時も使われてました。気品を感じさせるフォントだと思います。Apple Garamond Font | dafont.comからダウンロードできますが、これ権利関係どうなってるんでしょう。


Myriad
2002年から採用。Adobeも多用しており、セリフのGaramondからサンセリフのMyriadになったことでかなりポップな印象を与えていると思います。


参考
Typography of Apple Inc. - Wikipedia, the free encyclopedia

*2010/3/3:タイトルを「Appleのタイポグラフィ」から変更

こちらも是非
 » Appleが使用したフォント (キーボードとiPod編) | トブ iPhone

過去の記事一覧