2007年10月27日土曜日

300を越える新機能の一部を斬る!

このエントリーをはてなブックマークに追加    


全部は到底、斬れませんが。
とりあえず丸一日Leopardを触って感じた点や思った点など。
アップル - Mac OS X Leopard - 新機能 - 300を越える新機能より

    *    *    *

アドレスブック > Googleマップ
上手く動かない。日本とか大ざっぱに指されても。でも海外の住所だとうまくいく。

デスクトップ > Stacks
右Dock使用なのでグリッド固定です。アプリケーションはTigerの方が階層を下がれて便利だったかも。あとアイコンのサイズをもう少し小さくできれば。

辞書
これはかなり便利。Ctrl-Cmd-D。あとはFirefoxとかでも使いたい。

Finder > 新しいサイドバー
サイドバーに「すべてのイメージ」やら「すべてのムービー」という男性にとってプライバシーの侵害にあたるスマートフォルダができた。普段見たくない画像や映像の入ったフォルダ名に「.noindex」と拡張子を付ければ、その中のフォルダ以下は引っかからない。

Finder > パスバー
表示>パスバーを表示 で一番下にパスが見やすく表示される。これはイイ!

Mail
To Doやメモは今後かなり期待できるが、iPod touchとiPhoneなどのモバイル機器、iCalやアドレスブックその他との連携がうまくいったうえでの話。まだ未知数かも。

Photo Booth
新しいエフェクトのエッフェル塔やヨセミテなどは素晴らしいアイデアだけど、もう少しバージョンアップしないと綺麗でない。

プレビュー
アルファ背景を瞬時に除去は、まだ試してないけど一応期待の機能。ほかにもプレビューでPDFの編集、画像の一括処理は便利。

Quick Look
1番期待してたのに、少し期待が大きすぎたようです。
いやいつか便利と思う日が来るはず。
追記 MacやWindowsの話 これがQuicklookの正体か!?2でPDFを参照しているらしいとの検証。必見。

Spaces
これは逆に期待以上の出来。Exposeの出番を減らすことになりそう。詳細はmbp&co: Spacesの便利な使い方

システム > 非アクティブ・ウィンドウもスクロール
これも地味に参照ファイル閲覧時に便利。

Time Machine
これは正しく動いてくれないと逆に大問題。今後もう少しカスタマイズを期待。詳細はmbp&co: Time Machineの設定について。まあこのままでも世界中で役だってくれるはず。
追記 仕組みは右を参照。【特集】全解説 Mac OS X Leopard - 進化したAppleの新OSを探る (3) Time Machine | パソコン | マイコミジャーナル


    *    *    *

まだまだ開発環境やUNIX、Universal Accessなどの機能もありますが、これで。

過去の記事一覧