2007年11月26日月曜日

Leopard発売1カ月のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加    


Leopardを発売より1カ月。いろいろ試したことなどをまとめる。
mbp&co: Leopardを便利にする裏ターミナル・コマンド19+αも参考に。
*12月2日更新


1. Finder: Quick LookとCover Flow
Quick Look Pluginで拡張可能。xddさんによりflv、folder、BetterZipなどを使用。「すべてのイメージ」などで表示したくないモノは、拡張子「.noindex」をつけたフォルダにいれときましょう。動画も一緒。

2. メニューバーの色を変える
透明はどうも好きになれないので。
白メニューはTerminalで下コマンド(1行ですよ)、再起動。
sudo defaults write /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.WindowServer 'EnvironmentVariables' -dict 'CI_NO_BACKGROUND_IMAGE' 1

Apple Store(Japan)

3. Time Machine
オプションから作業フォルダを除外しバックアップ最適化。バックアップ間隔はターミナルから設定。除外候補はiTunesのPodcast、ブラウザのキャッシュなど。

4. Spaces
Ctr-数字で移動。ウィンドウ掴んで画面端で少し待っても移動できる。(ウェイト時間はターミナルで調整可)あとアプリケーション割り当てでスペースを用途別に分けることも。QuickSilverのClipboardとShelfは左収納してるので、スペース1をエディタ用に。Spacesの便利な使い方

5. Stackのアイコンをいい感じに
optica optima: DRAWERS icon #1からアプリ、書類、ダウンロードなど使用中。

6. Intel MacはGUIDパーティションに。
知らずに外付けHDDにバックアップしていたが、Time Machineで別パーティションを使うために再度GUIDで切り直すことに。
Leopardその1、インストール



ほかにもいろいろあった気が。。。
思い出したら追記します。

過去の記事一覧