2008年1月24日木曜日

本: iPodをつくった男

このエントリーをはてなブックマークに追加    


第1章 スティーブ・ジョブズという男について
第2章 アップル社の経営方針
第3章 デザインの重要性
第4章 キャッチコピーから見るアップル社
第5章 同じ過ちは繰り返さない

物語ではなく、最新のジョブズの人物評がわずか190ページで読める本。
 かつて、ジョブズはビジネスウィーク誌のインタビューに答えて、次のような趣旨の発言をしたことがある。
「ユーザー調査を通じて製品をデザインしていくことには、大きな困難が伴う。たいていの場合、消費者は、具体的な形にして見せてもらうまで、自分でも何が欲しいのか分からないものだからだ。」(P54)
これはMacBook Airにも言えるのかも知れない。個人的にもう少し厚くてもいいので2.5" HDDにして欲しかったし、USBx2と有線LANがあればもっと良かったのではと思うんですよね。Air不満派の多くが12" MacBook Proを期待していたのも同じかも。

他にもPowerBook 2400を日本IBMとつくる際の、デザインに対する文化の違いについて触れてある部分が興味深かった。

過去の記事一覧