2010年5月26日水曜日

iPad をタッチ操作可能な外部モニタにできる『Air Display』の動画を撮ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加    



iPadを自宅ではMacの外部モニターに。
そんな願いを叶える iPadアプリ『Air Displayicon』というアプリを試してみました。

Air Displayiconは iPadを Macの外部モニターとして使うアプリで、実際に使ってみたのが次の動画です。



設定方法

 1. Mac に専用アプリをインストール(Downloads « Avatron Software
 2. iPadでAir Displayを起動
 3. Mac側アプリで繋ぐ(無線LANおよびアドホック接続)


仕様抜粋(iTunesより
  • マウスカーソル更新は通常の Wi-Fi で 100 フレーム/1秒 以上
  • 横向きと縦向きの両対応。回転するだけで自動的に再設定
  • タブレット式の入力デバイスとしても利用可。

これを使えば、iPadでFlashを表示させることだって可能ですよ!!


iTunes Store で詳細をみる > Air Display
icon
  • ¥1,200
  • カテゴリ: 仕事効率化
  • リリース: 2010/05/24
  • バージョン: 1.0
  • 1.5 MB
  • 言語: 英語
  • 販売業者 : Avatron Software, Inc.

関連する記事
iDisplay: iPad / iPhone を Mac の拡張モニタとして活用できるアプリ | tobu iPhone

こちらは評判がいまひとつですね。。。
 

過去の記事一覧