2010年6月21日月曜日

iOS 4直前、iOS 4で何ができるのかの確認まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加    



6月21日、iPhoneの最新OSとなる『iOS 4』の公開が予定されています。

ダウンロード開始となるのは US を考慮して夕方以降でしょうか。iPhone 4予約と同じ夕方5時以降と予想。

そこで、 iOS 4 の目玉となる7つの新機能を改めて確認してみます。


1. マルチタスク
マルチタスクといってもMac/Windowsのようなイメージとは違います。次にあげる7つの機能が、バッテリ消費電力、システム安定性のバランス確保した上で同時に複数のアプリを楽しめるようにしています。ちなみに iPhone 3GSおよび2009年末モデルのtouchに対応。
Background audio
 (例) ネットラジオPandoraに対応
Voice over IP
 (例) IP電話のSkypeに対応
Background location
 (例) 音声ナビTomTomに対応
Push notification
 (例) サーバーを使った告知
Local noticication
 (例) テレビ番組開始の案内などに
Task finishing
 (例) タスク終了を管理
Fast App Switching
 (例) 切替直前の状態で待機可能に

2. フォルダ
アプリをフォルダに。1つのフォルダに12のアプリが内蔵可能。これまでの11ページ180アプリから、理論上は最大2,160個まで可能に。



3. メール
統合インボックス
スレッド化
添付ファイルを対応アプリで開けるように。

4. iBooks
iPadの機能がiPhoneでも。読んでいるページやBookmarkの同期などが出来ます。

5. Enterprise
企業でのiPhone導入への対応。内容は、メールなどの暗号化、モバイルデバイス管理、ワイヤレスでのアプリ配信、Exchange複数アカウント、Exchange Server2010対応など。

6. Game Center
ゲーム用ソーシャルネットワーク。iOS端末でのゲームをより便利に。ネットワーク対戦の招待、ランキングなど

7. iAd
広告配信プラットフォーム。アプリを切り替えずに広告をみることができる。TVのemotionとWeb広告のInteractionの融合を狙った質の高い広告に。売上げの60%が開発者に。




参考にした記事
アップル - iPod touch - iOS 4ソフトウェアで驚きの新機能を加えよう。
速報:アップル iPhone OS 4 イベント engadget
iPad向けは秋に:マルチタスク対応の「iPhone OS 4」発表 今夏提供予定 (1/2) - ITmedia +D モバイル
【レポート】「iPhone OS 4」のマルチタスクやフォルダはこう動作する! (1) 1,500以上のAPI、100を超える新機能を追加 | パソコン | マイコミジャーナル

過去の記事一覧