2010年11月20日土曜日

Meet The Music #1: 出会いと再会

このエントリーをはてなブックマークに追加    


今回は iPhone や Mac から離れて、個人的な音楽についてのエントリを。

音楽は出会いと再会が大事


持論です。初めて曲を聴いたときに心のどっかに引っ掛かって、ある時また出会ったときに本当に大切な曲になっていくのだと思います。それはその時の心境だったり偶然だったりするのかも知れませんが。

今回紹介する曲が、誰かにとっての出会いだったり再会だったりすればと思いつつ。


まずは、本屋で掛かってて忘れられない一曲となった想い出の曲から。


Telephone Line (Electric Light Orchestra) YouTube

B0009V92NG

6th アルバム(1976)より。70年代にヒット曲の多いELO。電車男で使われた「Twilight」で彼らを知った人も多いでしょうか。メロディーとコーラスが素晴らしいバンドです。「Mr. Blue Sky」「Sweet is the night」あたりもオススメ曲です。Wikipedia

続いて電話つながりで。。。


Don't Hang Up (10cc) YouTube

B00005FGR8

10cc といえば「I'm Not In Love」が有名ですが、こちらの曲もなかなか切ない。ELOと同じくメロディーが素晴らしく名曲が多いバンドです。「The Things We Do For love」「People In Love」あたりもいいですし、とにかく 3, 4, 5枚目のアルバムは名曲揃いです。Wikipedia

これらの切ないメロディーを聴くと女性ボーカルも聴きたくなってきます。


Here Come The Rain Again (Eurythmics/Annie Lennox) YouTube

B000BGR0OM

YouTube はソロ時代にアンプラグドで演奏された時のもの。Annie Lennoxの声、テクニック、パフォーマンス共に実に素晴らしい。Eurythmics時代では「There Must Be An Angel」が有名でしょうか。ソロ時代なら「Why」「Cold」あたりがオススメです。Wikipedia

そしてQueenのFreddie Mercury追悼で、Annieが共演したのがこの人。


Lady Stardust (David Bowie) YouTube

B0000AZAUM

コンセプト・アルバム として名盤とされる「Ziggy Stardust」。その6曲目。確か NTT のCMで以前使われていたような。この人の歌声は好き嫌いが分かれますが。前述のアルバムはほぼ全曲、「Speed of Life」「Ashes to Ashes」「Heroes」あたりもオススメ。デヴィッド・ボウイ - Wikipedia

そしてDavid Bowieの前座を務めたことがあるのが。。。


Jealous Guy (Roxy Music / Bryan Ferry ) YouTube

B0000256VK

Windows95の起動音を作曲したBryan Enoが初期に在籍したバンドRoxy Music。ジャケット写真はRoxy Music最高傑作といわれる「Avalon」。この曲はJohn Lennon追悼にBryan Ferryがカバーした曲。

    *     *     *

以上、たまには好きな音楽の記事でした。気が向いたら、#2へと続きます。

過去の記事一覧