2010年12月7日火曜日

MacBook Air 11"のインナーケースに『モレスキン フォリオ フォルダ』を1カ月使った感想

このエントリーをはてなブックマークに追加    



MacBook Air 11"を持ち運ぶ時のインナーケースとして Moleskine Folio Professional Folder A4(以下、モレスキン フォリオ フォルダと略)を使い始めて ちょうど1カ月が過ぎたので感想など。

まず、この モレスキン フォリオ フォルダ。手帳好きには有名すぎるモレスキンのA4サイズの書類入れです。中は厚紙、外は合成革となっています。それなりに頑丈で、しっとりとした手触り、かつ軽いというのが非常に気に入っています。

値段も当時 Amazon で ¥764 と手頃だった(今は880円?)ので、Air 11"のケースが出始めだったことと、まだ用途も手探りだったために一時的なインナーケースとして購入してみました。

まずは外見の写真から。(画像はクリックで大きくなります)

裏の中央に2つリベット止めがあり、しっかりと留められています。私は1カ月使用して まったく傷を認めてないのですが、気になる人は裏のリベットをテープなどで覆った方がよいかも知れません。

型押しされたMOLESKINEのマーク

しっかりした素材を写したかったのですが、分かりづらいですね
実際にAir 11"を入れたところ。開口部は左側

実際には、このように薄い方から挿入する使い方が多いでしょうか
実際に1カ月使ってみて思ったのは、インナーケースとしてなら非常にデザイン、質感がよく、コストパフォーマンスが優れていると思いました。雑に使っているので角っこなどは折れてきたりしていますが充分にインナーケースとしての役割は果たしています。

自宅では、サイズ的に充電器を繋げたまま Air を突っ込むことが可能なので、このケースの中で充電しつつ置いていることが多いです。

現状、特にAir 11" 専用のバッグを決めてないので、当面はこちらの モレスキン フォリオ フォルダ のお世話になりそうです。まだこれからの人にもオススメの一品です。

過去の記事一覧